<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第16話。

第16話「遠来の客」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

これからどうするのか、決めるのは貴方です。
「隠の王」第16話のあらすじと感想です。
虹一の秘密が彼の口から明かされました。しかし、まさかあの存在までもが……。

(あらすじ)
蛇薬が灰狼衆の手に渡った事を十字から聞かされた小太郎。
これで灰狼衆には萬天の円月輪を除いた4つの禁術書が揃う。
それがどんな禁術なのか、誰も知らないとされている円月輪。一番厄介なそれが灰狼衆の手に渡ってから、まとめてもらおうと小太郎は考える。
壬晴は様々な嘘をついて家を出ていた。壬晴はもう萬天には戻って来ないつもりなのか……。
雲平の脳裏を過ぎるのは、自分の目の前で虹一が撃たれたその光景。何か言いかけた雲平を遮り、虹一は語ろうとする。
自分は不死の存在。江戸後期、当時の秘術所有者は忍の家系の優秀な街医者だった。
秘術を使って生体実験をしていたその人物、その時の実験体の1人が虹一だと言う。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第15話。

第15話「別れの朝」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

ここで蛇薬を手放し、甲賀の里のシステムそのものをリセットする事は、必然の流れだったのかもしれないな。
虹一、やっぱり君は……。「隠の王」第15話のあらすじと感想です。
巌窟王見てたら更に感想遅くなったぜ。

(あらすじ)
虹一は銃弾に倒れた。
雷鳴達のところへ駆けつけた雪見と雷光は、そこで森羅万象を発動させた壬晴の姿を見る。
森羅万象を止めに入る雲平だったが、簡単にはいかない。
消すのが先か?命を救うのが先か?壬晴に森羅万象から投げかけられる問い。
再度止めようと、壬晴を押さえつけた雲平。触らないでと彼を弾き飛ばすと、壬晴は雲平が大切なのは、俺ではなく曲げたくない自分の意思なのだと告げる。
先生の意思なんて興味ない――壬晴の手を取った雲平だったが、邪魔なのよ。と言う女の声が聞こえて雲平は壬晴に手を上げる。ょうか。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第14話。

第14話「夜の底」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

迷惑な死神なんかじゃない。君は、もう一人の僕だ。
遂に目覚めたぞ、あれが。「隠の王」第14話のあらすじと感想です。
甲賀の女の子は許しません。

(あらすじ)
警戒する雪見と雷光は虹一と、そして雲平と出会う。
敵に情けをかける雲平を見て、虹一は自分も灰狼衆に入りたくなってきたとぼやく。
一方で、気羅を使う宵風。2人が逃げこんだのは地下室だった。
カタリナが壬晴と捕らえる。それを助けた宵風だったが、立ちはだかるしじま。彼女は気羅使いと対等に渡り合っている?違う、それ以上だ――。
そして宵風はしじまによって一撃を受けるが、壬晴の助けもあって何とかその場から逃げる事に成功する。
地下にはここからしか入れないはず。扉を叩き名前を呼ぶ雪見に、壬晴の事を問う雲平。
ガチガチすぎる信念は、相手を追い詰めるかもしれない?でも、軟派すぎても駄目かも知れず、それは難しいところだと雪見は言う。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第13話。

第13話「眠らない学舎」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

だが、俄雨がもう一度私を見てくれるなら、私は何だってする。
もう絶対に、失いたくないからね。

宵風見てると辛くなってくるよね、「隠の王」第13話のあらすじと感想です。
あの2人のキスについてはあえて触れない。

(あらすじ)
不治の病に冒され床に伏せるアルヤ学院の学院長。彼は悩む、これからどうすればいいのかを。
雲平は別の採掘場へ向かう英と別れ、招待状が示す先――その実体は甲賀の里の本拠地とであるアルヤ学院へと向かう。
雷光のスーパードライビングテクで壊れてしまった雪見の車。
代わりの車が到着するまで待機としていた彼等の前に、アルヤ学院の生徒であるしじまが迎えにやって来た。
特進コース。甲賀忍の卵が集う専用の校舎と寄宿舎に案内された壬晴含む灰狼衆の面々。
夕刻に呼びに来る、そう言ってしじまは去っていった。その姿を見る壬晴は、彼女が誰かに似ていると思いをめぐらせるのだった。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第12話。

第12話「意思」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

俺が、いなければ――。
最後のオチが酷い、笑ったw
「隠の王」第12話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
壬晴は、俄雨を見舞うために萬天から出る。
そして雷鳴は俄雨が入院していた病院の前で壬晴に出会う事になるのだが、雷鳴が見たものは、世渡り上手な壬晴の姿。警官を上手く使って病院まで案内してもらったらしい。
宵風のために森羅万象を使うことを決意している壬晴。雷鳴は、その宵風の事については雲平から聞いていると言う。
雷鳴は危険だと言い、笑顔で送り出せるわけがないと一方的にまくしたてる。
しかし、雷光の一件で人の話をしっかり聞こうと決意した雷鳴は、何よりも壬晴の意思を尊重したいと考えていた。
助けるためならば、森羅万象を使ってもいいのではないか?宵風個人のためならば、雷鳴は力になると、手伝うと言い出す。そんな雷鳴に、壬晴は雲平から萬天の禁術書を手に入れてきて欲しいと頼む。情報だけでも、いいから。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(1)

アニメ「隠の王」第11話。

第11話「カーテンコール」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

どんだけ私……、馬鹿なんだよ……。
泣きそうな雷鳴可愛すぎる。勿論壬晴もね。
「隠の王」第11話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
雷光に敗れた雷鳴は病院で治療を受けていた。
壬晴も見舞いにやって来たのだが、雷鳴は雷光を探すと1人息巻いている。
制止するもそれに従う事なく、探しに出ようとする雷鳴。
そんな時、耳に飛び込んできたのは騒がしい少年の声だ。人を探している、彼は雷光の下で世話になっている我雨なのだが、壬晴達が当然そんな事を知るわけはない。
虹一が雷鳴の名を呼んだ事により、我雨が反応を示す。彼の探し人は雷鳴。
追いかけられる事になった壬晴達。
壬晴を知っているならばそれは隠の世関係の人間。灰狼衆なのか確かめてみれば分かる、と壬晴は人遁の術で我雨を捕まえる。
彼が雷鳴の下を訪れたのは、真実を伝えるためだった。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第10話。

第10話「ポルカ 雷鳴と雷光」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

お引き。二度と隠の世に関わってはならないよ。
雷鳴と雷光の対決は、予想通りな感じでしたね。
「隠の王」第10話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
雲平の前で自分は森羅万象が使えるようになると言い放つ壬晴。
駄目だと言うなら、今ここで俺を殺す……。
険悪な雰囲気を打ち破ったのは、扉を叩く音と女性の声。それは雲平の同居人である英だった。
倒れていた人を連れ帰ったと言う英だが、それは雲平にとって敵である宵風だった。
見るなり襲い掛かり、宵風もそれを受けるが、壬晴と英に近所迷惑であると止められる。
雷鳴と雷光は対峙する。そこはかつて清水家の存在した場所。
雷光の話など聞こうとせず、問答無用で切りかかる雷鳴。金属が打ち合う音が響き渡る。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第9話。

第9話「前奏曲」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

俺の心を決めるのは……、俺だ。
あああ、壬晴と雲平先生の間に溝が生まれていく……。
「隠の王」第9話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
灰狼衆に造反する、そんな人間に制裁を加える分刀の2人――我雨と雷鳴。
切り捨てた死体の上に、雷鳴は彼岸花をそっと添える。今に素敵な事が起きる、それはその合図だと言う。
ニュースが流れる。現場に置いてあった彼岸花で、雷鳴は反応し、雷光と、兄の名を呟く。
雷鳴とは連絡が取れない状態にあった。何かあったのではないか、と虹一が雷鳴のところへ向かおうとする。雲平もついていこうとするが、怪我をしているからと虹一に気遣われる。
そして壬晴は家に祖母がいないから、と家の事をするために1人で帰ろうとする。壬晴を1人には出来ない。しかし雷鳴の事もある。
虹一に言われ、結局雲平は壬晴の傍にいる事を選ぶ事となった。
脳裏を過ぎるのは、そして――の後に紡がれた虹一の言葉だ。自分がいないほうが先生のためにいいと思う。……そろそろ、覚悟を決める時です。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第8話。

第8話「決する心」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

そして自分でも呆れるほど……甘い。
やっぱり雲平先生は甘いんだな。しかしそれでこの先生です。
「隠の王」第8話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
駐車場で待機している壬晴と八重。壬晴の心を読んで、宵風の事まで見通す八重に、壬晴は心の中でオバサンを連呼する。
特殊な心をもつ人間は、こちらまで揺るがすから怖いと八重は言う。
それは、見せてる心と秘めている心があまりにも違いすぎるから。
雲平に宵風の事を伝えようとしにいく壬晴に、八重は伝言を託した。暗殺に失敗すれば、雲平の心の中は全て晒される事になる。
伝えようと向かう途中で、壬晴はフロスティの特別警護にやって来ていた雪見と宵風に捕まってしまう。その裏では、壬晴と宵風はひっそりと情報交換を行っていた。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第7話。

第7話「決する心」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

秘術を打ち砕く王になるのか、意のままに操る王になるのか。
その時に俺がどうするかなんて、まだ誰にも分からないよ。

前回喋った分、宵風は今回全く喋らずでちと残念。
雲平先生が心配になってきた、「隠の王」第7話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
今までにないビッグバジェット。
報酬は10億と言うその依頼を、戸隠は外部の組織とやる事にしていた。
その外部の組織とは、萬天。
壬晴は何があったのかを、雲平に話そうとはしなかった。雲平に問い詰められても、いつもように小悪魔ぶりを発揮するだけ。
本当は今こうして壬晴を残して帰りたくない雲平。でも、なるべく壬晴の自由は奪いたくないと考えている。守りたいと考えていても、その方法を探りかねている雲平は、自分でも甘いと思っている。
壬晴の口から出てくる宵風の名前。やはり何かを隠している、もっと自分を信用してくれてもいいのに……。
続きを読む >>
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)