<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「八犬伝―東方八犬異聞―」第19話。 | main | アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」第19話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「Free! 」第6話。

第6話「衝撃のノーブリージング!」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1755.html)に返してくださるようお願いします
 
それに、この4人で泳いだら、どこまでもいけそうな気がするんだ。
「Free!」第5話の感想です。
皆と。

(物語をなぞりつつ、感想など)
海が怖い真琴、その理由。
まあトラウマってもんは誰にでもあるものです。今回は真琴回でしたねー、可愛さ大爆発。
人工呼吸こなかったのは正直残念だが、萌えはしっかり詰まってたなと。
次回の県大会が早くも楽しみだが、本当に1クールしかないのかと残念でならない。
※今回よりあらすじを廃止します。私の指が完治することは多分ないので。
夜の海で泳いで危険にさらされた怜。
いないことに気づいた真琴は、海で怜を目撃して走っていくのですが……。
どんなことになっているか、寝ている遥と渚はもちろん知らないのです。
が、遥が真琴の声で目を覚まし、渚もそのあとに目覚めたけど、渚の寝癖w
聞こえなかったか、声が……と外に出て、真琴も怜もいないことを確認。
そして海を見て気づいたわけだが、こんな天候悪いのによく気づいたな遥さん。
真琴は怜を助けるため泳いでいきますが、怜がこのままじゃ溺れてしまう……!
その光景で、真琴は過去のことをしっかりと思い出してしまったよう。フラッシュバックが。
あまちゃん先生に連絡するよう渚に言って、遥は海へ飛び込みも、渚まで1人では危ないと。
……この場合何人でも危ないわ。渚は連絡したほうがよかったのではないかなとか。
とりあえず真琴を確保。そして渚は怜を――だが、なんかでっかい波キタ!?
嘘、ってのまれたの……?いや、まさか。
遥は真琴を助けて海からあがってきた。んだけど目覚めない。
誰もいない、考えてひらめいた。これは人工呼吸……が?動いてるが、息が弱いし。
そしていざ、人工呼吸……コネ――!なんといういいタイミングで。
でもまあ、ここで人工呼吸してたら多分見てる男子が引くしね。これでよかったのかな。

さて怜であるが、本当に渚が助けてた!あの荒波無理だろとか思ったんだが、渚すげぇw
怜は、真琴がいつもの真琴ではなかったようだと感じたようです。まあ過去を話すことになるんだろうね。
海が怖いことを指摘された真琴はそれを否定しない。大丈夫だと本人は思ってたみたいですが、いざとなると体が動かず。あの時のこととは果たして……?
遥と一緒に泳ぎたい、みんなでリレーがしたいと自分の気持ちを話す真琴なんだけども、はるじゃなきゃだめなんだとかさ、告白やないか。はると一緒に泳ぎたい……。
そんなところに渚と怜くる。意外とすぐそこにいたってことですかい。
しかし真琴優しいな、怜に対して。これって殴られても文句言えんぞ。
何やってたんだ、夜の海で。とかちょっと遥の口調がきつめになるのは当然ですね。
まあ練習してたってのを聞いて、それ以上は何も言わなくなったけど。
今回のことで、夜の海で練習なんて馬鹿なこと、もう考えないだろう。本当みんな無事でよかったのですよ。

寒くなってきたので、見つけたレストハウスへやって来ましたが、廃墟みたいで怖いw
お化け屋敷に入るカップルみたいな会話wやっぱり真琴と遥で公式か、薄い本が厚くなりますね。
それ言われてむっとして、あそこに人影が、とかいう遥がw笑う渚より、後ろの、ビート板で顔隠してる怜がw
中は暗い。怜も中々ビビリだよなぁ。懐中電灯を見つけて、それを使ってさらに中へ。
お腹がすいたという渚。なんか探索することになったけど、冷蔵庫は確かにヤバそうw
怜ちゃんのれいは冷蔵庫のれいって、こじつけwばーん、てするところは可愛かったな。
開けたらすごいドロドロしたものが出てきそう。じゃんけんで担当が決まることになるが、絶対食えないだろ。
結局じゃんけんで担当になった怜。さあ開け――何もなしwよかった、グロ見ることにならなくて。
レストハウスのエプロン。水着エプロンの再来であるが、水着見えないから裸エプロンに見えるw
体乾いたから大丈夫だと一部つけないやつが……。
そしてまたしても鯖。鯖にパイナップルのせるんだ……嫌がらせだ。いや、意外とうまいの?
水は賞味期限がきてないから沸かして飲めるかも。沸かせるってことは、潰れたのは比較的最近かな?
朝までここで過ごすしかない。朝まで何をするかだが、ねる、って遥の答え早かったなーw
魚をモリでつく、キノコ探したりはしないようですよw
だがこの状況で眠れるわけはない。渚の言う、あれって?

ちらっと女性陣の寝顔が。男性へのサービスも忘れませんな。
そして凛が夜中に目覚めるんだけど、髪セットしないほうがいい。可愛いもの。
なんかサイコロ作ってそこに名前書いてころがしてるけど、怜の名前多くねw
まあ怜ちゃんだからね、ってどういうこと。もはやいじめですね……しかも恥ずかしい話。
ちゃんと話すんだね。小学校5年の頃の話、風呂場で忘れ物が――ってまさか。
パンツ……なんという公開処刑。
遥の恋の話って。なんか彼に恋の話があると思えないんだが……彼は話し始めた、小学校の頃のことを。
その力強い美しさ――って、滝かよ!語り終わったあとの顔w
渚はかくし芸と言ってイワトビペンギンの真似をするんだが、やっと笑った真琴。やっと笑った、という渚いい子やなぁ。
ああ、そして遂に話す時が?と思ったが、遥は放っといてやれと言う。
これははなさないのかと思ったけど、真琴自身が話す決意を。
海が怖いということ。隣町の漁港によく遊びに行っていた真琴は、そこの優しい漁師のおじいさんに時々遊んでもらっていたんだと。
夏にその漁港の近くでお祭りが。って、浴衣な真琴かわいすぎ。
金魚すくいがしたかったがお金を使い果たしてしまい……。だがそのおじいさんがとってきてくれた。
しかしその夏の終わりすごい台風が来て、そのおじいさんが乗っていた船が沈んだ……!
それは漁港から3キロほど沖に行ったところだった。
真琴と遥が見ていたのは葬列ですね。……手をギュッと握ってるのがいいよね。可愛いけど切ない。
やがておじいちゃんがとってきてくれた金魚も死んでしまった。
そして海が怖くなった真琴。海の中には得体の知れないなにかが潜んでいるような、そんな予感が。
思ったほどには重い過去ではなかったが、海怖くなるのもなんかわかるような。
それでも合宿に来たのは皆と泳ぎたかったから。この4人で泳いだらどこまでもいけそうな気がする。
……もう真琴が天使過ぎるんですけど。本当可愛いなぁ!
雨が上がって、外に出れば星。夏の大三角――と言う台詞を聞いて、某曲を思い出した人も多そう。
足元。実際にこんな光景が見れたなら……感動しそうね。真琴の笑みにやられる、天使……。
で、意外と近かったという話。手を振れば誰かが見つけてくれそうな。
俺が泳いで連絡してくるという真琴。皆は心配するが、今の海は穏やかだし皆が……と。
あ、結局皆で行くことになった。そしてテントの近くを通りがかった凛が、泳いでる遥たちを見つけるのでした。髪くくってるのもいいね!
皆何をしているのか。一夜干し?でちょっと笑ったが、いや……今日は練習勘弁したげてくれ。
脚本吉田さんだったか。なんか今までと感じが違うなと思ったが……どうりで……。
次回予告、いよいよ県大会ですかね。ガチ水泳回だ!
遥と凛のやり取りワロタ、ただの宮野さんやでw
でもあるよね……お母さんて呼ぶのとか……。

エンドカードは遥と渚。日焼けがすごいから、一瞬遥が誰かわからんかったw
isamu / Free! / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。