<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「THE UNLIMITED -兵部京介-」第12(最終)話。 | main | アニメ「八犬伝―東方八犬異聞―」第13(最終)話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。

第12(最終)話「ビビッドレッド・オペレーション」
 
さよならは、言わない。またね。
「ビビッドレッド・オペレーション」第12話の(あらすじ省略)感想です。(時間短縮のため)
再び会うときを。

(物語をなぞりつつ、感想など)
実にもったいないアニメ。
設定とかはいいものだと思うが、なんかそれが生かされてなかったように感じました。
スタッフのやりたいことは分かった……趣味全開で、制作陣はさぞ満足でしょう。
2期があるんだとしたら、もうちょっと話のほうもちゃんと作って欲しい。
女の子が可愛ければそれでよしとか……そんなことはないとおもうので。
前回、れいをのみこんで、なんか巨大になった例のカラス。
あのカラスは本質的にはアローンと似たような存在だが、れいをのみこみ矢を奪ったことでパワーアップをしたと……。
守ってあげられなかったと涙するあかね。……これはあかねと一緒に涙したらいいの?
カラスに対する攻撃始まる。まあ当然のことながら効きませんが。
なんか目玉が!?そしてカラスの一撃がすごいwリーチが違うよなぁ。
この力は彼らに匹敵、いやそれ以上だと言ったカラスは、遂に自分を絶対者とか言い出した。
まあこういうこと言ってるやつは、最終的に倒される。
解析の結果、すべてのエネルギー値がマイナス方向に振り切れ。
それはビビッドシステムとは対極の負のエネルギーで、もはや対抗できるものなし!?
ただれいがカラスの体内でまだ生きてるらしい。……もうみんなで合体するしかない。
れいについては普通に生きておった。そしてれいは、自分がどこにいるか知る。
あ、本当にれいの紋章がなくなっている。で、彼女は見た。
自分に呼びかけるあかねたちの姿を。

唯一絶対の存在としての審判。この星は廃棄、可能性を閉じて消去する。
必死で守ってきたもの――示現エンジンを使って。終焉がくるのを、あかねたちは黙って見ているしかないのか?
本当にそんなことができるのか。健次郎曰く、可能かもしれんと。
あんだけ堂々と言ってるなら多分、できるんだろうと思うが。
さて、あかねが拾ったれいの鍵。これが物語のカギになったりするのかな?
防衛軍が使うアレとは?地球消滅はさすがに止めなきゃいけないですからね。使ったのは爆雷――普通なら倒せてると思われるが……これで倒れたら物語終わる。
はいはい無傷。
アローンはなおも進行中……すげー爆弾も通用せず。
自分のせいでとれいは涙を流し……健次郎もまた。彼が終わりといったら、もうガチでダメそうでなぁ。
しかしおわりじゃないとあかねが言った。
私行かなくちゃ、この鍵を届けにと。
あなたの力ではどうしようもないと言われても……自分たちは一人じゃないから大丈夫だそうです。
これまでも無理だっていう戦いを乗り越えてきた、友情パワーははかれない。
みんなとなら世界だって救える。……そこまで乗り越えてきたっけ?

アローンはブルーアイランドへ。外部より矯正介入され、エネルギーが吸収されていく……!
それにより世界で壊滅的なエネルギー不足である。それにより、戦闘機とかも墜落してしまった。
れい、星がどんなふうに消えるか知っていますか?とカラスは言う。パチンとはじけ、何も残らない。
自分の世界が戻らないなら、この世界だけはと彼女は願うけど、そんなのをカラスがいいですよとか言うわけない。
パレットスーツは、エンジンからエネルギーを供給されている。
彼女たちの活動時間にも限界があるのですね。
下等生物が身の程をしりなさい!とか、あのビームキタ!普通衝撃波とかありそうだが……。
ビビッドイエロー登場。これは順番に合体するのか?
ビビッドコライダーでビームを防いで、ファイナルオペレーション。
おのれよくも、私の体に傷を。って傷ついたんですね。そしてひまわりのエネルギーが切れたもよう。
なるほど、こうやって順番にいくのね。うるさいのですよ、とめっちゃビームキタ!
すげぇよけてるwすごいw
ビビッドブレード――ファイナルオペレーション。
そして次があおいちゃんと。それはカラスの中に飛び込んで、彼女を助けるために。
ああ、あかねの本妻も落ちていく……。

れいを託されたあかね。やってきたぞ!あかね、と名前を呼んで手を取って、合体キタ――!
完全に裸である。
ほかのと違うのは、あかねから額にキスをすること。
で、現れたのはビビッドレッド。なるほど、これでビビッドレッド・オペレーション。タイトルが。
それは宇宙創世の光。人間ごときが――と言うカラスに対して、これが友情の力だと。へー、友情すごいねー。
自分の力を超える存在があってはならないと……宇宙を破壊できるほどのエネルギーが!
逃げられない、宇宙ごと消えてなくなると言われるが……彼女たちは逃げない。
きっとすっごい必殺技で格好よく締めるんだろうなぁとか、ちょっと思ったんですけどね、まさかのパンチwww
パンチで倒されるラスボス。ファイナルオペレーション!……ここらへんの展開はあつい……のか?
なんか思ったよりカラスが強くないっていうね。なんかもうちょっと、パンチ以外になかったんやろか。
そして2人でちゃんと戻ってきましたよ。よかったね……うん。
れいちゃんがみんなに囲まれている。今度こそ本当の友達ですね。
孤独なものは限界が定まるが、他者とひかれ合い影響し合うとき、限界は限界ではなくなる。
また一から研究のやり直しと言う健次郎……で、体は?

と、空に浮かぶのは……?ああ、別れの時がきたのか。
全部元に戻してくれる、元の世界にれいも帰れる――って、私には何も聞こえなかった。
なんかドア出てきたwそれから、あかねに渡されたかぎ。
もう2度と会うことはないのか?案外、どこかで出会いそうな気がするんだけどね。
きっとまたいつか会えるから、とかいって、このアニメの終わりで出会ったりしてな……。
彼女たちはずっと友達。さよならは言わないと言ったれいは、あかねにマフラーを。
またね、と言うれいちゃん可愛いなぁ。そして全く感動できないんだけど……どうしたもんか。
あ、健次郎の体戻ってる!腐ってなかったようで良かったwどうやって戻ったんだよ。
ぶんぶんぶぶーん、と今日もわんこで新聞配達なあかねさん。
と、おはようって。あれ?これ……ピースケや。そのピースケが止まったのは……ってれいちゃんか。
どうやってこっちにきたよって感じですね……。

さてビビッドレッド終了です。放送前は期待していたんです、それなりに。
が、蓋を開けたら……最後まで、残念なアニメであるというのは変わらなかったです。
制作陣の趣味全開。女の子可愛い尻アニメって感じですかね。
友情がテーマなのにその友情が薄っぺらい、だから感動もできない。脚本がなぁ……イマイチだったと。
おお!と思う部分がないわけではなかったのですよ……ただあまりにも少なすぎた。
だめだ、文句だらけになりそうなので、もう終わりにしよう。2期はあるならあるで見る……と思います。
今度こそちゃんと作ってくれると信じる。
スタッフの皆様お疲れ様でした、読んでくださった方にも感謝を。別の作品で。
isamu / ビビッドレッド・オペレーション / CM(1) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

・あかねとれいのビビッドレッドのアミーゴパワーによってカラスのおばちゃまを倒したが、相手は次元生命体だから体の一部を切り離して落ち伸びている可能性がある。終り方がどことなくストライクウィッチーズと同じに思えるため、人気次第で第2期が始まるかもしれない。そうすれば、れいのビビッドブラックが見れそう。
MG / 2013.03.29(Fri)20:51
コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lastheven.jugem.jp/trackback/3403