<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」第7話。 | main | アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第19話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「THE UNLIMITED -兵部京介-」第8話。

第8話「超能部隊・後編」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1583.html)に返してくださるようお願いします

僕は許さない。僕たちを裏切ったノーマルたちを、この地上から、必ず。
「THE UNLIMITED -兵部京介-」第8話のあらすじと感想です。
排除。

(あらすじ)
海軍の最新兵器を相手に真っ向勝負をすることになった超能部隊。
その勝負、今回は兵部がやることになる。
志賀との訓練でボロボロになった兵部が風呂に入っているところに、不二子がやって来た。

 
彼女は悪かったと思っていた。それは兵部を一緒に入隊させてしまったことだ。
なんだかんだで1人では寂しかったのだ。
勝ちなさいと不二子は言う。勝つよと京介は言う。
不二子さんや仲間のために、自分を信じなかった父親を見返すために。
そして勝負が始まったが精神的重圧からか、兵部は力が出せないでいた。
しかしそれも早乙女の想定内である。
早乙女に父親の話をしていた兵部は、彼に父親のことは忘れるように言われていた。
の力を最大限に発揮できれば何にでもなれる、どこへでも行ける。
そして兵部は力を発揮し、見事最新兵器相手に勝利する。
と、そんなところに連絡が入る。国籍不明の潜水艦が見えたのだ。
その潜水艦に狙われているイルカたちがいる。それもまた超常能力を有していた。
1頭はやられてしまったが、残り2頭は守ることが出来た。しかしそのイルカに、自分たちよりもよほど死に近い、と志賀は忠告された。
時が流れ、昨日広島に原爆が落ちた。そのことを早乙女に伝えに行った兵部は、もう戦争は終わりだと聞かされる。
まともな戦力はもない。超能部隊も兵部以外負傷していた。
そこで兵部は、死んだイルカの脳を見た。そのイルカが、ある予知を隠していたことを早乙女は知る。
戦後超能力者は増え続け、兵部はリーダーとなって世界を滅ぼす。
早乙女は兵部に銃を向けた。兵部の力は自分だけのものである。
確かに頭を撃ち抜いて兵部は死んだはずだったが、彼は生きていた。そして早乙女を手にかける。
彼は許さないと決めた、自分たちを裏切ったノーマルを。

(物語をなぞりつつ、感想など)
そして彼はノーマルを憎む。
ということで過去編の終わり。かなり信頼していた早乙女に撃たれてしまった兵部。
憎しみが生まれるのも仕方ないですね。
なんか兵部メインだったので他の超能部隊の方々の扱いが若干雑だなぁと感じましたが、面白かったです。
戦死したところを出したほうがいいとは思ったが、見たら見たでショック受けそうだし。

海軍の最新兵器を相手に真っ向勝負をすることになった超能部隊。
勝てば陸軍の面目躍如。負けても部隊は解散――の、お偉いさんには損のないもの。
一対一の空中戦。責任はとってみせるから自分にやらせて欲しいと、早乙女に願った不二子。
しかし今回の任務は兵部がやることに。
京介と志賀さんが戦っていたけど、京介はまだまだといった感じで。
結構ボロボロでお風呂に入ってたら、不二子キタ――!慌てる兵部がw
恥ずかしがることはない、自分たちは家族であると。この頃の京介ってまだ8歳だったの!?ショタ……。
悪かったと思っている。それは兵部を一緒に入隊させてしまったこと。
なんだかんだで1人では寂しく。京介は守らなきゃいけないと思っていた――が、早乙女にそれをエゴだと言われ。
勝ちなさい京介!これは……男子なら誰もが変わって欲しいところですね。
不二子さんや仲間のために、自分を信じなかった父親を見返すために、自分は勝つ!
みんなとなら行けるかもしれない。高い所へ……。

試作機は模擬戦予定海域へ。そんなところに不二子と芥さんが。
と、貴様あのときの小娘――って、ああ、あの時吹っ飛ばしたw
にしても化物とか、野良犬とかやっぱり酷い言い様。超能部隊には勝って欲しいところだけど。
兵部のところに試作機がやって来た!動きで惑わせていたが、試作機の性能を試すには丁度よく。
動きは鈍く、速度は全く出ていない兵部。志賀さんが戦いの前、アドバイスをくれていました。
利点は小回り。勝機は一瞬なのだが、狙おうにも機関銃が重すぎる。
敵はさすが試作機というか……かなり弾を持っているわけで。
しかしどんな戦闘機にも弱点はあるのだ。操縦席。頭を撃ち抜けば一発で――って目がやばい、ゾッとした。
このままではすぐに捕まってしまう。もっと速度をあげるんだ!と言う兵部だが、その体は重く。
精神的重圧で本来の力を出せていないのだろう。自分の勝敗で、隊の行く末決まるんだもんなぁ。
早乙女もまた、この部隊に自分の未来をかけている。兵部を選んだ早乙女はこの事態は想定の範囲内なのだそうだ……。
その力を使うんじゃない、と父親の声がする。でも実際利用されるだけってのは、そうなのだろうな。
母親は能力のせいで死んだ。もう同じ過ちは犯さない……殴ったのも兵部のためなわけだが。
早乙女と話をすると、兵部は才能のことをギフト、贈り物だというと。
神は与えたもうたものを生かせと言っているのだ。父親のことはもう忘れろ……っておい早乙女。
その力を最大限に発揮できれば何にでもなれる、どこへでも行ける。
なんかBGMがめっちゃ格好良くなったな。
ああ、父親の形見であるはずの時計が落ちた。……これがなくなると本当に父親のことを忘れてしまいそうで。
機首がこっちを向くまでの時間を稼いで。そして撃った、見事命中である。
勝利したのだが――緊急事態。近海で国籍不明の潜水艦が現れた。実弾に換装して直ちに。
これは訓練ではない、実践だ。

その潜水艦が撃っているのは果たして何か。あ、超能部隊がたどり着いたぞ。
引き継ぐと言って飛んでいく姿が格好いいですね。で、従う意思はなさそうだ。
無理に拿捕すれば自爆するかも。それでは情報が引き出せない。
潜っていってしまった潜水艦。合衆国の潜水艦で間違いないだろうそれを、早乙女はそのまま行かせろと。
あ、イルカの親子・だがその背びれに番号有り。しかもなんか声が聞こえるぞ……!?
イルカが精神感応ってどういうこと。まさかイルカの超常能力者がいるとか。
しかし一頭やられてしまったぞ!いやー、イルカになんてことを。
またしても狙われるイルカ。止めようとするも一発外れたためなんとかして止めようとする京介のところに、あのパイロットが。
捕まれ坊主とか格好良すぎるやろ。
そして念動力を盾として衝撃波をおさえこむ。すごいぞ8歳。
敵潜水艦は撤退した。兵部たちは……戻ってきた!全員無事でよかったと安堵する早乙女に、兵部が抱きついた。めっちゃ可愛い。
京介は、自分の信じた道を進もうと決めた。もう一度やり直せたとしてもきっと同じ道を選ぶだろう。
僕は僕であるがまま。みんなと共に……。
その姿を見た不二子は、自分も兵部みたいに前に進んでいかなくちゃと決めたようです。

イルカの忠告。自分たちより君たち――超能部隊の方がずっと死に近いと。
隊長!ってずいぶん成長したな兵部。声が遊佐さんになったー。
昨日、広島に爆撃が。早乙女はこの戦争はもう終わり、無条件降伏しかないと。
この国にはもうまともな戦力などなく。超能部隊、兵部以外負傷しちゃってんのか。つか殺した?
1人でもと食い下がる兵部にもういい、といった早乙女は、この先の道はもう決まっているのだと。
次の破滅ってなんだよ……。
死亡したイルカの脳。伊-八号って書いてある……。イルカの脳だったのかよ、あの船を動かしていたのは。
予知の一部を、イルカは早乙女たちに隠していた。戦後超能力者は増え続け、兵部はリーダーとなって世界を滅ぼす。
早乙女が兵部を撃ったのは、その予言を本物としないため――他の誰にも渡さないため。
容赦なく撃った!人類の敵になどしない、私だけのものとか早乙女さんとんだヤンデレだよ。
で、3発目が頭を撃ち抜いたわけか。でも彼は死なず。その能力で早乙女さんを。って、死に方がグロすぎる。
自分たちを裏切ったノーマルたちを許さない、と言う兵部だが、なんか気持ちはわかるよ。
イルカの予知によって悲劇が生まれてしまったのですね。
で、その予知は現実となる、と。

ED、今度はこっちのキャラソンか。もしかしたらこっちも流れるんかなって思ってたら本当に流れたw
これ収録されてるほうも買いましたわw
ということで、過去編終了ですかね。皆の死体はちらっとしか出てこなかったか……出たほうが感情移入できたような。
最後の少佐かわええ。
次回予告、とうとう本筋に戻るのですね。なんかもう最終回でもおかしくない雰囲気だわ。
isamu / THE UNLIMITED -兵部京介- / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。