<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「K」第11話。 | main | アニメ「緋色の欠片 第二章」 第12話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「CODE:BREAKER」第11話。

第11話「5万人の人質」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1518.html)に返してくださるようお願いします

ありがとう平家先輩、そしてさようなら!俺のために死んでくれ!
「CODE:BREAKER」第11話のあらすじと感想です。
CODE:02。

(あらすじ)
藤原総理公開処刑までの時間は過ぎていく。
神田に零から連絡はなく、人見の姿は見当たらない。次々と爆破事件が起きていく。
桜の父の携帯には、「アダムの友人」から爆弾の場所がメールで送られてくる。それは刻や、遊騎の携帯にもだ。
 
やがて総理のいる場所はスカイタワーであると判明。刻と神田は向かうが、遊騎は残るという選択をした。
人見と過ごした場所をしらみつぶしに当たった零は、スカイタワーへと到着し人見と対峙する。
零は刀で電撃を受け止め感電を回避。そして電気を通す性質を持つ炎を通じて、電撃を床に逃がすが、様々な方向から電撃をくらわされれば受け止められない。
しかし降参しないと死ぬことになっても、降参はしないと零は言い切った。
あの日、何故総理を暗殺しようとしたか。しかし実際、人見は最初は話し合いに行っていた。
拒絶した総理は引き下がらないとみるや、いきなりエージェントたちに襲わせたのだ。脱出の過程でエージェントたちを殺めてしまっただけのことで、総理襲撃については、EDENの流したデマであるという。
コード:ブレイカーの存在を世に知らしめれば世の中はパニックになってしまうかもしれない。EDENはそれを恐れ、人見は追われる存在となった。
組織を変えるには外から圧力をかけるしかない。だからこんな方法をとった。
人見は、コード:ブレイカーのことだけを思ってのことではないと言った。それは異能を持つ子供達のためを思ってのことでもあったのだ。
スカイタワーに登ろうとする刻と神田を平家が邪魔をする。
刻はあんたを倒して自分がコード:02になれると、平家に戦いを挑む。
しかし時間は刻一刻と迫る。そして異能の子供をもらい受けようとしていた雪比奈の前に、泪が立ちはだかる。

(物語をなぞりつつ、感想など)
組織を変えるための方法。
いくら外から圧力をかけるしかないとは言え、本当にこんな方法をとるしかないんだろうか。とちょっと思ったり。
平家VS刻はなんだか面白くて笑ってしまった、刻いいキャラしてますよね。
泪は死んでなくて一安心でした。あんまり活躍も見れていないので、ここらで格好いいところを見せて欲しいですね。

藤原総理公開処刑までの時間は過ぎていく。と、ある場所の電話ボックスが爆発した!
神田に零から連絡はなく、人見の姿は見当たらない。EDEN情報はやくたたず。
日本各地で多数発生している爆破事件。ラジオからは人通りの多いところは避けてすぐ帰宅するようにと。
遊騎は自分の音の異能を使えば爆弾の場所とかわかるんですね。しかしあまりにも多すぎる、数は実に1500箇所w
破滅の時を待つしかなく、渇望する。コード:ブレイカーという正義を。って子犬まで吊るすなよ!
桜の父の携帯には、「アダムの友人」から爆弾の場所がメールで送られてきました。
それは刻や、遊騎の携帯にも。差出人は誰か……?
藤原総理のいる場所はスカイタワーではないのか。ということ。メールでもスカイタワーにいると送られてきて、居場所を確信。スカイタワーへ……。
遊騎の様子がおかしいと思ったら、彼は残ると言う選択を。
この遊騎様の音の異能をなめるな、って格好いいね。どんだけ皆が爆弾を潰してくれるか楽しみだな。

成程、という平家は侵入者がいないかチェック?
人見は、彼とこうしていると、コード:ブレイカーとしてともに戦った日々を思い出すという。
彼が感謝の言葉を告げたとき、零がスカイタワーにやって来た。
平家が相手をするというが、それを止めて人見が直々に相手を。平家は戦いに邪魔が入らぬようにまもりを固めるというが……なにか企んでたりするのかな。
零はどうしてこの場所を見つけたか。それは人見と過ごした場所をしらみつぶしに当たった結果。
零の携帯は平家と戦ったときに壊れた。が、刻はもう場所を知ってるんだけどね……平家と対峙することになるのかな、こっちは。
爆破を止める方法を教えろ、やっていることは間違っているという零を、まるで正義の味方だと言う人見。
が、零は自分はたくさんの人を殺してきた悪であると。
あー、やっぱり素直に爆弾を止める方法を教えてくれるわけがなかった。ということで力ずくになるんだけども……刀に青い炎とか燐じゃないですかw中の人も同じやし。
刀で電撃を受け止め感電を回避。そして電気を通す性質を持つ炎を通じて、電撃を床に逃がした……成程。
しかしそれでは私には勝てない。と、人見が様々な方向から同時に!
そして続く爆破。零がやばい……。本当このロープさえ……と、桜は子犬に、ロープを食いちぎるのだと。
食いちぎってる姿可愛い、頑張れ子犬!と、見事にくいちぎったな……が、落ちてしまった。登れないw
しかも電撃よけてエスカレーターを落ちていってしまった。
かくなる上は、と自分でロープを!?食いちぎれるんかな……w
人見はロストしない、零のほうが先にロストすると何故断言できるのか、何かあるのかね?
降参しないと死ぬことになっても、降参はしないと言い切った零素敵。
お、桜のロープが切れた!電撃のおかげか。
あの日、何故総理を暗殺しようとしたか。そういう話になっているんだね、と言う人見は、最初は話し合いに言ったそうだ。まあそうだとは思っていた、拒絶されたんだろうとも。
引き下がらないとみるや、いきなりエージェントたちに襲われた。脱出の過程でエージェントたちを殺めてしまっただけのこと……総理襲撃については、EDENの流したデマ!?
悪に仕立て上げて排斥するとか、EDENよ……。
コード:ブレイカーの存在を世に知らしめれば世の中はパニックになってしまうかもしれない、EDENはそれを恐れ、人見は追われる存在となった。
で、組織を変えるには外から圧力をかけるしかないってことで、こんな方法を。本当にほかの方法はないのか?
人見は、コード:ブレイカーのことだけを思ってのことではないというが……。ほかの誰のためを思って?

その頃雪比奈は、異能の子供たちは我々がもらいうける、と。なるほど彼らのことも思って……か。
政府に管理されている限り、異能を持つ者に自由なし。って、こんなに異能を持つ子供こんなにいるのか。
異能の子供たちを思ってというのは分かる。うん、その気持ちはね……でも、それでほかの人がこんな目に遭っていいというのか。
人見は、国家にいいように使われ死んでいった無念さはわからないよと。
そして彼らは守るに値しない人たちだと言い切りやがったぞ。
爆弾処理している遊騎に、一体どんな連絡が入ったというのだろう。
エレベーターがきた、ってことで上がろうとした刻と神田の前には平家がきたのだが、めっちゃ輝いていて笑ったw
邪魔はさせないという平家は、本来の仕事をしているだけ、か。
てっきり刻は悲しんでいるのだと思っていたのだが……なんか笑い出したぞこいつw
あんたを倒して自分がコード:02になれるということ。あ、ああ確かにそういうことだけども。
ありがとう平家先輩、そしてさようならw
やめてくださいと神田は言うが、まあ止まらないわな。ちょ、ストレート・フラッシュすげぇな。
机とか一瞬で消えちゃった。
ドSとか言ったら口が悪いとお仕置き……ぎゃあ、平家先輩がいっぱいいるw
強さも異能もイコールな彼らを相手するのは大変すぎる。
きめぇんだよ、この変態野郎がには同意であるが。
空中で戦い始まる。刻は磁場、平家先輩は光の力で浮いている。すげぇよなぁ、異能。浮けるんだもん。
愚かな人達もいるんだろうが、皆が皆そうではないと思っているよ。子分格好良すぎw警察もちゃんと仕事してるしな。
守るに値しないもののために命をかけるのは愚か。理由を問うが、そんなこともわからないのかい?と……。
時間は刻一刻と迫る。相手する平家先輩楽しそうだなw
言いたいことはそれだけか?自分が守ろうと、守っていた人々を愚かだと、人見は言い切っちゃったよ。
俺は認めないという零はもう大分ボロボロなんやが……勝てるのかな。
刻のほうも仕上げ……!?と、そんなところに子犬キタ――!本体の平家の顔面にw
そして泪が生きてましたよ。地獄から舞い戻ってきたって台詞いいよね。
次回予告、戦いが激化してますな。零が勝ってくれる、そんな予感がしないでもない。
isamu / CODE:BREAKER / CM(1) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

興味深いです。
続きが気になります。
starfield / 2012.12.16(Sun)20:21
コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lastheven.jugem.jp/trackback/3321