<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「ガールズ&パンツァー」第8話。 | main | アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第9話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」第20話。

第20話「NEW WORLD phase.2」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1506.html)に返してくださるようお願いします

だが、武器商人が、その職が、この世から消えることはない。
「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」第21話のあらすじと感想です。
都合。

(あらすじ)
エレナ・バブーリンと言う物理学博士、量子光学の権威が誘拐される。
彼女をさらったのはココの部隊であった。
世界一周営業の旅を始めたココたちだが、彼女たちのいる日本に、ショコラーデもいた。
 
スケアクロウの指示で、彼女は麺割れしているが尾行することになった。
ルツは最近ココのやり方が強引だと感じるようになっていた。しかしそれをバルメに言えば、ココを支えるのが自分達の役目であるので、黙って従うように言われる。
しかし自分に相談したということは何か別の答えが欲しいのだろうとバルメは言う。そして彼女はルツの納得のいく答えを考えておくと言ってくれた。
ココに日野木がアポなしで会いに来た。ファストフード店に入るが、そこには既にブックマンがいた。
彼のおごりで食事をすることになったココ達と日野木。
最近動きが派手であることをココに指摘したブックマンは、新しい世界を見せてみなと言い放つ。
ブックマンとスケアクロウの読みは同じであるようだった。
ココ達をマイアミで追跡するのは不可能だ。尾行していたショコラーデが彼女達を見失っても、スケアクロウは怒らなかった。
ココはまるでパーツ集めをしているよう。資金提供と博士の件から考えて、そこから量子コンピュータという結論にいたる。
それが実現してしまったら、理論上は最新のスーパコンピュータで数千年かかる計算を数十秒で行うということになる。
ココ部隊はまたしても誰かを誘拐すること任務につくわけだが、ルツはあまり乗り気ではないようだった。
最近変わってきているように感じる任務の質。しかし今は信じるようにいわれ、ルツは信じると答えた。
日野木はNSAでひとりの男と対面していたが、この男、とんだ曲者である。
ココ部隊とナイト・ナインが対峙するときは近い。

(物語をなぞりつつ、感想など)
ココを信じること。
ただそれしか言われないルツ。事情を知らされない彼だが……ココにはまあ言えない理由があるにしても、このことが何かしら影響を与えなきゃいいんですけどね。
次回はどうもヤバイ部隊と激突のよう。そりゃあココ部隊だって強いですけどね、今までで一番強敵となることは確かだろう。話数的にもね……。

車に乗っている女は一体誰だろう。博士と呼ばれていたが……。
彼女に伏せていてください、反撃だと言って男達は出て行ったが、まあ勝てないだろう。
言われたとおり伏せていたわけだが……やがてドアが開いて入ってきたのは仲間ではなくて。
名を、エレナ・バブーリン。
正体不明の武装集団により護衛は全員死亡。
彼女は近年拉致され、J共和国の軍事研究施設に軟禁されていたという。物理学博士、量子光学の権威。
あれ、誰かと思ったらヨナじゃないですか。じゃあ博士を拉致したのって……ココ部隊……ですよねーw
今日から世界一周営業の旅らしいが、ポニテなココさん可愛いです。
尻をさするヨナはなんだか不機嫌。どうやらそこにあった弾を取ったためらしい。
金属探知機にいちいち引っかかるのは面倒。確かにその度説明するのもあれだしね。しかし不機嫌なヨナ可愛い。
キサラギ光化学工業にかかってきた電話。出てくるわ、とその場を離れた若。
ショコラーデも日本にいるんですね。どうやらスケアクロウに指令を受けてここにいるらしい。
最近ヘクマティアルの動きが変だ!ってスケアクロウの真似かw
前途多難。面割れしているものの尾行は得意でバレない自信があるらしい。

暑い中食べるあつあつのたこ焼きとジュースの組み合わせがやばい。うーん、飲み物にラムネはないなw

スケアクロウはショコラーデが食べてばかりで仕事してない気がすると言っていたが、あたりである。
もう3回目とか言ってたもんな……。
ココのことを調べていた男が、いやあ金持ちですねぇと口にした。
彼女はHCLIにすら隠した行動をしている。確かなことは、メルヒェン社第2工場はおもちゃ工場じゃないってこと。最新鋭設備の軍事基地並の資金流入。
それを聞いたスケアクロウは実に悪党らしいことだと。だが周回遅れもいいところ。
ココが何を企んでいるのかわかった頃にはもう遅い。こうなればもう、ブックマンの力すら利用してやるぜ……ということらしいが。
彼ははたしてむせかえるような金の匂いに追いつけるのだろうか。
スケアクロウをなめんなよ!って台詞は格好いいんだけど、この人小物感すごいからなぁw

恐縮ですわ、ってやっぱりここ大阪なのか。
と、ルツが言った。最近のココのやり方が強引ではないかと。
最近ルツは物言いたげな顔をしていたらしい。彼はちょっと青いというか……まあそこがいいのだけど。
強行手段を取らざるを得ないミッションのほうが多いはず。ココを支えるのが自分達の役目で、黙って従うのです、と言うのはバルメなのだが……よう彼女にココの文句言ったなw
一部の人へのご褒美くる?と思ったが、おや?
ルツが納得できる答えを彼女はよく考えておくという。素敵な姉御です。
キサラギ光化学工業に第三者割当増資を提案したココは、1千万「株」の新株を発行して自分を筆頭株主にするようにと。
これにより経営は救われ、プロジェクトも救われるが、反発も予想される。
が、投資を受け入れてプロジェクトを進めて立て直せば、既存の株主も納得するだろうとのこと。
親子が作った未来の形を理解するものだ。量子ドットフォトニック結晶ナノデバイス……?
納入先は既に決まっている。その納入先とは……?

あ、日野木さんだ。アポなしで会いに来た彼と話をすることになったが……なんでかいるブックマン。
ココの嫌そうな顔がwブックマンは彼女がファストフード好きならここを選ぶと思っていたらしい。見事に当たったな。
店変えるかと思ったらそうではなくて、ブックマンのおごりにさせたwブックマンのマジで?に笑ったw
え、2000ドル?さすがにそんなにかからんと思うんだけどね。ブックマンだけで大分かかってそうだけど。
美味しいと言うヨナ可愛いが、彼はおそろしいテーブルについたのう……。
日野木がバハマにいることはブックマンにバレておったよw

NSAには見当違いの周回遅れがにあっている。もっとも注視すべきはそこにいるお嬢さん、つまりはココだとブックマンはいうわけだが……庇護する側なんだぜ?と彼が言ったあとのココが怖すぎる。
彼のような職についている者はなんでも陰謀に見える?
陰謀に見えていることをブックマンは否定せず、この世界は陰謀で出来ていると。
ココのような金持も力もあるものが裏でこそこそやるから眠る暇がない。
最近動きが派手だと指摘されたココ、そしてブックマンも一線なんて超えてしまっている。
二線目は秩序の破壊。ココは二線目も超えちゃいそうな気がしますがね。
彼女は問うた。すべてが傾いているかもしれないこの世界で秩序とは何なのかと。
新世界がきたら……か。新世界より、みたいなあんな世界は嫌です。
新しい世界を見せてみなとブックマン。最近のココはなんだかなぁ……怖いですよ。

日野木はそのままバハマに帰る、ということはしないらしい。それを聞いたブックマンは乗ってきたな。と。
お嬢さんを見失わないように指示したブックマンはまだ食べるんかいw
そしてショコラーデはココたちを見失うw素直にそのことを報告するが、スケアクロウが怒らないだと。
それは連中の目的が自分の読みであっていたならマイアミでの追跡は不可能だから。
ブックマンとスケアクロウの読みは同じみたいですね。おそらく海に出る……。
次の指示まで海でも見てタコス食ってろ、ってバレてますねw
行きたいのはキューバ?ブックマンもそこだと思っているようだ。キューバの中のアメリカ、飛び地。
ココはまるでパーツ集めをしているよう。資金提供と博士の件から考えて、そこから量子コンピュータという結論にいたるが、ブックマンはSFだろうと言う。
次世代コンピュータは完成間近?と、ここでマイアミの写真が出てくるけど、もう少しいい写真はなかったのかと……w
今の今まで計画を完璧に隠してきたのに、もうバレてもいいと言う段階までやってきてしまったのか……?
それが実現してしまったら、最新のスーパコンピュータで数千年かかる計算を数十秒で行う、ってすごすぎるだろうw
すべての電子機器の扱う情報、秘密、暗号セキュリティは紙切れ同然。武器管制は人の手が入るフェイズがあるが、発射後はやばいだろうと言う。止めることはできるんだろうか。
ココの次の標的はグアン・タナモ。この人なんなんだろうね、厳重な場所にぶちこまれているらしいが。
もう出てたりするのかな。
イブラヒム・ファーイザ。なんか女性がその人のことに色々言っているが、天才だってことは分かりました。
レイラ・イビラヒム・ファーイザ。ラビット・フットは28歳の女性。
キャンプ・ノーに拘束されている彼女を見るが、セグウェイw
グローバル・フォークがメルヒェン社の第2工場を通る。そこも見てみようか、ってカレンさん達が丁度風呂だった。あとマイアミと、エレナ博士で間違いないっぽいね。彼女堪能してるやんw


ココが姿をくらましたことはキャスパーの耳に入るわけだが、キャスパーは彼女が本社に帰るわけないと思っていた。それはフロイド――つまりは父が嫌いで近づきたくないから。
おさないと思うかもしれないがそれくらいでちょうどいい。
今の電話も、アメリカで何してるって軽快だろう……。
ココには同感であるキャスパーは、最近のHCLIの方針をすごく嫌だと感じていた。
今の仕事をすいているキャスパー。武器商人いらねーってことになるのは嫌ですね……

ココが武器商人というものをどう思っているかはしらない。父に対してもまたしかりで興味なしだが、武器商人が、その職がこの世から消えることはない。

我々の都合で戦争を起こし、都合が悪ければ平和を守る、って悪人だw……彼は武器商人が天職だわ。
映像で見ると何やら楽しそうな気もするが……これは誘拐作戦の訓練。
ルツが乗り気でないのは明らかであるが、プロであるため任務は完遂するという。
任務の質が最近変わってきているように感じると言えば、質は私が考えることでしょう?と返ってきた。
なんか雰囲気がよろしくないなぁ。今は私を信じろと言われたので、ルツは信じるよと言うけども。
他の皆は作戦に異議なし。レームさん、面白そうってどういう……w
ただこの中で、計画が明らかになって離れていくのは何人いるかな?
Cパート、アメリカのNSA本部に日野木。プレイムと言う海軍中佐が出てきたが、この人計画を知っている……!
とある筋ってのはブックマンのようで。蚊帳の外に追い出されてしまったよ日野木が。
とんだ曲者であるこのプレイムという男。ナイト・ナインとココ達と対峙することになるみたいだが……こんだけ読まれていてはてうまくいくのかと言う。
次回予告、なんだか熱くなりそうな予感だぞ。
isamu / ヨルムンガンド PERFECT ORDER / CM(0) / TB(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
世界の頭脳と技術を結集。武器商人、機械工学の権威、量子物理学者に名うてのクラッカー。どう見ても新兵器開発スタッフにしか見えない。ココがなりふり構わずに人材を掻き集めに走ってます。更には量子素子でしょうか。最先端技術にも惜しげも無く資金を投入。おそら
この記事のトラックバックURL
http://lastheven.jugem.jp/trackback/3312