<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「CODE:BREAKER」第9話。 | main | アニメ「ガールズ&パンツァー」第8話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「緋色の欠片 第二章」第10話。

第10話「カミの力」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1504.html)に返してくださるようお願いします

俺の命で、アイツが幸せになれるなら、俺は死にます。
「緋色の欠片 第二章」第9話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
琢磨と珠紀の前にアインが立ちはだかる。彼からは逃れられず、琢磨は彼と戦うことになる。
一方でアリアはフィーアのところへ連れてこられていた。
彼女に危害は加えないという。ただし、アリアが邪魔をしなければの話だ。
 
その後部屋に通されたアリアのところに、宝具を取り戻すために卓たちが姿を現す。
アリアはドライに対して殺さないように言った。ドライは確かに彼らを殺しはしない。
真弘と遼はツヴァイの相手をしていた。ツヴァイは言う、怒りと悲しみに悶え苦しむ魂が食いたいのだと。
アインとの戦いの中で、鬼斬丸は封印されたと思っていた。
終わっていたと思っていたが何も終わってなどいなかった。
琢磨と珠紀は眠らされ、離される。
琢磨の中に宿った力は現し世のものには過ぎたものであり、封じられたカミの力は人の世にあってはならぬ力だと静紀は言った。
珠紀はその力をもう一度鬼斬丸に宿らせ封印しなければならないのだが、それには珠紀の命と言う代償が必要だった。
琢磨のために死ぬ道を選んだ珠紀だったが、琢磨もまた、彼女のために死ぬ道を選んでいた。

(物語をなぞりつつ、感想など)
互いのために死ぬ覚悟。
どうやら同じことを静紀は琢磨に言ったっぽいですね。本当この方悪役すぎるだろう。
2人にはまあ幸せになっていただきたいのですが……こんなに胸がときめかない乙女ゲー原作のアニメも中々ないわ。

琢磨と珠紀の前に立ちはだかったアイン。
彼から逃れるため走り出すが珠紀が……。琢磨が身をていして守る姿は格好良かったです。
しかしアインから逃れることはできず。モナドをどこへやったと言うが、知るわけないよね。
アリアならここにはいないと言うも黙れといわれ。話聞く気があっちにないなら、もう力ずくしかない。
モナドを守るためには手段を選ばないと言う彼ですが、敵対する相手間違ってますよ。
今度こそ拳をその身に浴びて死ぬがいい!この戦い、琢磨勝てるのかしら。
一方でアリアはフィーアのところへ連れてこられたわけですが……ドライは、彼女に危害は加えないと。
しかし条件付き。それはモナドが彼らの邪魔をしないこと。
モナドがここまで甘いとは嬉しい限りとか言うドライ……腹立つなぁ。笑い声も。
琢磨の体の自由がきかなくなってきていました。準備は整った、って……琢磨さん!?
鬼斬丸が解放されたときと同じ波動が感じられたけれど、まだ可能性は残されている。
宝具を取り戻せるか……しかし時間がない。鬼斬丸の力は強くなりすぎている。
アリアを大人しくさせたとき、宝具を取り返しに彼らがやってきたのですが……その前に立ちはだかるのはツヴァイか。
鍵はモナドであるため彼女を捜さなければならない。が、ツヴァイをどうにかしなければ……こいつ本気だぞ。
相手をするのは真弘と遼。おお、この2人ですか。
琢磨に角が生えて、手も。鬼化が進んでいる……。
と、話す琢磨は琢磨じゃない。

われの完全なる解放を妨げるのは貴様か、玉依姫。そう言う彼は力だと。カミと名づけられし者なり……。それは、鬼斬丸?
なんと遂に珠紀が鬼の手に捉えられてしまったわけだが。
玉依姫はどうやってあの時常世神を救ったのか。このままじゃバッドエンド確実でございます。
私の全てを琢磨に。って、珠紀さん死ぬんです……?最後にお願いよ、って。
に手をやった時点でまあするなぁと思ったけど、予想通りであった。
命をあげる、生きて幸せになって。ってそんなんダメだろう。2人で幸せになれよ……。

あ、空が晴れた。珠紀が目を開けたとき、琢磨は元に戻っていましたよ。
鬼斬丸の力は封印されたという、吸収されたような感じがしたそう。
アインは琢磨が運命そのものになったと。
確かに鬼斬丸は封印されたんだけど、それでアインが琢磨の前から去るわけないか。
神となったお前を倒すというアインとは、どうあっても戦わなきゃいけないようだ。

宝具を取りにやってきた卓たちの前にはアリアと、それからドライが現れた。
彼女の命令があるので殺しはしないというアリアだが……。
2人がかりでツヴァイの相手をするのだが、彼の目には真弘しか見えてない気がする。
ツヴァイは真弘の、怒りと悲しみに悶え苦しむ魂が食いたいのだという。
力。俺が叩き潰すべき力を、求めても得られなかった力を何故お前が持つ。って嫉妬か。
しかしアインが求めるその力を琢磨はずっと嫌っていた。永遠に相容れないか、この2人。
琢磨が倒れちゃって、負けなのか?と思ったらアインも倒れたという。よかった、彼が動けていたら多分死んでた。
そんなところに静紀と芦屋がきたのですが、ここへ来るように誘導されていただと。
珠紀には手を出すなと言った琢磨に何をした?と思ったら眠らされた。このままでは危なくてうかつに手が出せないから。
封印は終わったはずなのに何故こんなことをするのか?……これはあれか、まだ終わってませんよみたいな。
案の定そうだった。そして珠紀も眠らされ、目覚めた時には自分の部屋でした。もちろん、そこに琢磨の姿はなく。

今はカミたちも鳴り止み、平和が訪れたように見えるが、琢磨の中に入り込んだ危険な力がどんな影響を与えるか、記す文献がない。常世神だろうがもう関係なし。
琢磨の中に宿った力は現し世のものには過ぎたもの。封じられたカミの力は人の世にあってはならぬ力。
彼の中にある力が、存在そのものを変えていく可能性が……!?
珠紀はその力をもう一度鬼斬丸に宿らせ封印しなければならない。しかしそれには代償が必要、つまり珠紀の命。
珠紀がそれで助かるのか?その問いに静紀は何も言わないわけだが……確証はないということなのか?
しかし珠紀は琢磨のために命を捨てる覚悟をした。一体いつのまにそんだけ好きになったんだよって気もしますが。

決意を見届けた静紀は、今夜儀式を執り行うと。どうか来世で幸せになるように……。
って、死なないとは思っているが、こう言われるとやはりな。
そして美鶴の瞳は死んだままか。そんな彼女にもう逃げない、美鶴ちゃんだけに辛い思いはさせないというが、彼女は何も言わず。
あ……美鶴の瞳が戻った。
おーちゃんてすごいな。珠紀がおーちゃんの目を通して琢磨を見ることができている。
琢磨は珠紀の心配ばかり。彼はおーちゃんといると、珠紀といるみたいだと。
もうこのまま会えずに永遠の別れとなるのか。
Cパート。琢磨のところへ静紀がやって来たのだが、どっちも互いのためにしぬと言ってんだが……これどうなるんですか。

今回のお当番は卓さん。結構台詞としては普通でした。
次回サブタイ……これで最終回なのか?
isamu / 緋色の欠片 第二章 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。