<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「CODE:BREAKER」 第4話 鬨の声 | main | アニメ「ガールズ&パンツァー」第4話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「緋色の欠片 第二章」第5話。

第5話「涙の真実」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1470.html)に返してくださるようお願いします

俺は、ここにいるべきじゃない。
「緋色の欠片 第二章」第5話のあらすじと感想です。
いてはいけない存在。

(あらすじ)
祐一と真弘に攻撃を仕掛けてくる卓にツヴァイも加わるが、2人は殺されずにはすんだ。
命を奪うのはかうての仲間として忍びないと卓は言った。そんな様子を遼は見ている。
琢磨のなかで鬼が疼いている。静紀は、琢磨はそばにいてはいけないと口にする。
 
今の珠紀では鬼斬丸は封じ込めることができない。鬼斬丸が目覚めれば琢磨は鬼となり、鬼になれば鬼斬丸も災いの力を増す。
今はまだいいが、琢磨はすぐに人の心をなくして珠紀を殺そうとする。
琢磨は静紀から謹慎を言い渡され、彼は珠紀のもとを去った。
卓はドライからアリアの警護を頼まれる。ドライ達は4賢人に呼ばれたため、本部へと行かなければならないそうだ。
慎司は静紀のところを訪れ、全てを話すと言い出すも、静紀はお前が何を考えていたのかなんてどうでもいいと言われてしまう。大事なことをはつとめを果たすかどうかだ。
そして慎司は静紀から、自分と美鶴が双子の兄妹であると聞かされ、それは慎司から美鶴に伝わる。
後からやってきた珠紀は言う。人を好きになるのは辛くて悲しいことも多いけれど、いいことだと思いたいと。

(物語をなぞりつつ、感想など)
引き離される2人。
鬼斬丸が目覚めれば……ということで、珠紀のもとを立ち去ることになってしまった琢磨。
玉依姫の覚醒が早く来ることを願いたいが、それは一体いつになるのでしょうか。
アリアと卓が何話すかも気になるところ。アリアとか味方になったりしないかな?

祐一と真弘の前に姿を現した卓、おてなみ拝見と言われた彼は本当に攻撃を仕掛けてきた……!
こんなことされたなら反撃しないわけにもいきませんよね。そしてそこにツヴァイも加わる。
ツヴァイの相手は真弘。卓と交戦する祐一は、全て芝居ではないのか!?と問いかけるのですが……いや、私もそう思うんですけども……卓はまだそのような甘いことをという。
真弘がツヴァイにとどめさされてしまう!とか思ったんですが、卓は命を奪うのはかつての仲間としてしのびないので、ロゴスに歯向かうなと伝えろと。これは、止めて助けてくれたんですよね。
さてそんな様子を見ていた遼。彼が何を考えているのか、ってなるよね……まあ。
琢磨の中で、また鬼が疼いている。以前に読み上げられたあの内容を思い出した琢磨、彼は皆を手にかけてしまう!?
現れた静紀に、琢磨はそばにいてはいけないと言われてしまった。
珠紀は鬼斬丸のせいだからそれを封じ込めさえすれば、と言うんだけど、確かにいつだよっては思う。
今の珠紀では確かに無理だし、何をすれば封印できるかもわかってないけど……琢磨……。

琢磨と鬼斬丸は裏と表。相反する存在でありながら力が力を呼ぶ。
鬼斬丸が目覚めれば琢磨は鬼となり、鬼になれば鬼斬丸も災いの力を増すのだそうだ。
珠紀の覚醒が完璧ではないと、暴走させることもあるのだとか……。もうはよ珠紀覚醒しろ。
今はまだいいが、琢磨はすぐに人の心をなくして珠紀を殺そうとする!?そんなのは想像したくないです。
静紀から言い渡された謹慎。すぐにここから立ち去り、二度と玉依姫と鬼斬丸に近づいてはならない。
好きな人と離れるなんて嫌だろう、そりゃあ。
しかし琢磨は、静紀の言葉が本当ならばここにいてはいけない、と立ち去ってしまった……悲しいことだ。
珠紀は美鶴によって部屋に連れて行かれ、そして、勝手な行いをせぬようみはられることに。
と、残った静紀の後には芦屋が来て。己の血を引くものを鬼斬丸に捧げる覚悟をした……?
封印のためだけに生きてきたってのも切ないなぁ。
芦屋が恐れるのは、ロゴスよりも何よりも静紀なんだとか。
笑うドライは卓を蛇のように狡猾だと言う。彼は卓を気に入った……?
ドライは卓にアリアの警護を頼んだ。どうやらアイン、ツヴァイ、ドライは本部に戻らなきゃならんそうだ。
4賢人の署名をもらってくるそうだが、アリアは従うことになってしまうのか。
宝具はここでありながらここではない場所に隠してある。って、分からぬ。

静紀の指示に従うことしかできない美鶴。なんと、珠紀は学校にすら行けないのかよ。
平気、っておーちゃんには言っているけれど、平気って感じの表情じゃないですけどね。
玉依姫として完璧に覚醒すれば……。うん、そうだと思うんだが、一体いつ覚醒すんですか。
戻ってきた祐一と真弘に声をかけた芦屋だが、芦屋に対する態度はやっぱりそんな感じですよね。
卓のことを聞いた静紀は、彼のことはもういいときっぱり。肝心なのは鬼斬丸の封印。
祐一や真弘が卓に対してできることがあるのかと問われるとな……。
今後は勝手に動くこともできなくなり、珠紀とも会えない?
琢磨のことも聞いた祐一と真弘は、守護者としてやるべきことをやるように、と。
ドライ達が本部にもどるが卓だけは残す、ってなんか不自然な気もするよね。

珠紀は琢磨のことを思い出して集中できないようだ。そりゃあそうだと思うよ。
その頃慎司は静紀のところを訪れ、全てを話すと言い出すも、静紀はお前が何を考えていたのかなんてどうでもいいとか……。大事なことをはつとめを果たすかどうか。
やはり言蔵の人間だった、って、え?貴方と美鶴は……ってもしや、2人は血が繋がってる系か。
追いかけてきた美鶴にどうしたのか問われるも、自分が無能だと分かっただけと。
しかし美鶴は知っているという。どれだけ訓練をしたか、守護者のみんなを大切にしているか――。
が、その励ましを止めてほしいと慎司は言う。
あ。美鶴が慎司の背中に……。普通ならいい雰囲気だなーとかってのんびり思えるんだけど。
ずっと昔から私、と言ったところでそれを受け入れることはできないですよな。
慎司と美鶴は双子の兄妹。想う気持ちは変わらず、明日からはいつもの僕らに……か。血の繋がりはどうにもできないよね。
人を好きになるのは辛くて悲しいことも多いけれど、いいことだと思いたいと珠紀は言う。
そんな珠紀が好きな人物は、勿論琢磨だよね。傷つけたり苦しめたりしたくないのに、と言う珠紀の涙が。
明るく振舞おうとするのが逆に見ていて辛いわ。
Cパート、互いに話をしたいと思っていた、ってことでどんな話をするのか気になるところ。
今回のおまけは遼。俺の主様は相変わらずいい匂いとか、なんかエロいよなぁ。いいだろう?ってなんかうなずきそうになるw
isamu / 緋色の欠片 第二章 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。