<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「DOG DAYS´」第5話。 | main | アニメ「薄桜鬼 黎明録」第5話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「輪廻のラグランジェ season2」第5話。

第5話「鴨川上空衛星軌道にて・夏」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1381.html)に返してくださるようお願いします

私を信じて。
「輪廻のラグランジェ season2」第5話のあらすじと感想です。
彼の企み。

(あらすじ)
まどか達からの連絡はない。レ・ガリテの船は治外法権であるため、アステリア達には無事を祈るくらいしかできなかった。
綺麗な服に着替え、ディセルマインからお礼を言われたまどかとムギナミ。
皆で食事、そして談笑をしている中、いけると踏んだまどかが、ユリカノに会わせて欲しいと言い出す。
 
しかし彼女は今眠っているらしく、今度にしてくれると助かると言われた。
彼女に会えないわけではないようだ。部屋で待たせてもらおうと考えるが、気がつけばまどかがいなかった。
彼女はディセルマインのプライベートの庭にいた。そこで彼の考えを聞いたまどかは、ユリカノに会えることになる。
まどかはディセルマインによって、ユリカノの抜け殻に埋め込まれようとしていた。
勿論そんなことをするとまどかに伝えるはずもなく、戻ってこれますよね?と言うまどかに対して、自分を信じるように言うのだった。
作業は順調に進む。ランの言葉で拘束されたムギナミだったが、スった鍵で脱出。
ランが気をそらしてくれているあいだに、ディセルマイン達のところへたどり着く。
まどかとユリカノが再び出会っていた。そこで彼女の気持ちを知ったまどかはそれを伝えようとするが、ユリカノはそれを拒む。伝えるか伝えないか、で殴り合いが始まろうとしていた。
しかしそんな時、まどかを呼ぶ声がした、ムギナミだ。そして、ディセルマインの艦には変化が訪れていた。
目覚めたまどかは、まるでまどかではないような喋り方をする、

(物語をなぞりつつ感想など)
入れ替わり発生。
なんだか大変な事態発生。ムギナミがきたからどっかで安心しちゃってましたよ。
実にいい笑顔を見せてくれたディセルマイン。やはり彼は冷徹な男でしたね、
ほいほいついていくべきではなかったということですね、まどかはすっかり安心してしまった、というわけだ……。

まどか達から連絡はない。こうしてまた田所さんのストレスが……。
レ・ガリテの船の中は治外法権なので、アステリア達には無事を祈ることくらいしかできない――。
まどかとムギナミはどうやらランの部屋にいるようですね。
ムギナミは何を読んでいるのかと思ったが、これはランが作ったポエムだったんかw
ユリカノがいるであろう部屋の鍵を開けてもらわねkればならぬのだけども、生きていることさえ知らされていなかったラン。
と、そんなところにやってきた方により同行するように言われるわけだが。
おお、なんか皆さんドレス姿だね。新鮮だなぁ。
正体バレても特に怒られることもなく。それどころか、お礼が言いたかったと。
挨拶のあとはみんなでお食事、そして談笑。こうして見てると、ディセルマインの印象いいんだけどなぁ。
おいおいムギナミは何を話してるんだw
この雰囲気ならいける、とユリカノさんに会わせて欲しいと切り出したまどか。
どうやらディセルマインは、本来のユリカノが戻ってくるまで待つべきだ、と考えランに気遣ったようだが……?
ムギナミは今眠っているため、またの機会にしてもらえると助かる。

二人の仲が悪いのは、ヴィラジュリオの性格のせいなのか?ディセルマインは紳士っぽくて優しい。
あのやりとり見てると思うよね。まあ個人的にはヴィラジュリオのが好きなんだけども。
ムギナミはだからってお兄ちゃんのせいにしないで、というのだが、その時のムギナミの胸がやべぇw
正反対は否定しない。実際、正反対な気がする。
ユリカノとは会えないわけじゃない。元気になるまでランの部屋で待たせてもらおう、と。
予告でなんか殴り合いみたくなっていたから、会えてはいるんだよね。
まどかはどこに行ったかと思ったら、ディセルマインのところでした。ディセルマインの横顔美しい。
ここ、どこでしょう?なそこは、彼のプライベートの庭。
そこは本国の宮殿にある庭をそっくり模したんだと。彼とランとディセルマインとユリカノと。
……そういうディセルマインの表情がな。またあの頃に戻れたらいいのに。
まどかが仲良くはできませんか、と思っていたことを言ってくれた。
ディセルマインはヴィラジュリオを今でも親友だと思っているそう。そして同時に、ポリヘドロンの民は家族であると。
命はそこにあるだけで奇跡である、と口にしたディセルマイン。
祖先のそんな想いをないがしろにする奴も多く、その一人がヴィラジュリオなのだと――。
灯火を多く救うためなら、なんでも犠牲にするつもりでいるディセルマイン。頑なですよね、融通きかないって自分で言ってるし。
そして彼は、ユリカノに会わせてあげようと言い出した。
なんとヴィラジュリオさんは単騎で出撃!?これは彼と自分の戦争。下衆な挑発、か。
その頃まどかは、ディセルマインに続いて中に足を入れ、そしてそこでユリカノに出会うわけだが。
なんというか、この扱いは。

小さい頃のランは確かに可愛い。家探しするムギナミは、四人での写真を。……ムギナミのパンツが見えそうで見えない。
まさかランのお兄さんに捕まってたりして、と言うが、まあそのまさか、だよね。外へ出たら、またあの方が……。
まどかは一体何をさせられるのか。どうやらユリカノを惨劇から救い出した際、記憶と意識の大半を輪廻の向こう側に落としてきてしまったようで。
心配はいらない、受け入れるだけでいい。って、嫌な予感しかしないなー。
とか思っていたら、ユリカノの抜け殻にまどかを埋め込む!?本当にこの人は、灯火を救うためならなんでもするんだな。これはいくらなんでも……。
まどかは二度とユリカノの殻から抜け出せないって、えええ。――恨みは、デ・メトリオとともに自分が背負うと。
居場所を知ることが出来たランは、ムギナミを拘束するように言った。
かばうふりがどうとか、そういうのは演技、よね?
こうして拘束されたムギナミ。ランは憂いを与えたことと思う、深謝と鼓吹の言葉をかけさせてはもらえないかと、言うのでした。――まるで別の人を見ているようだ。

接続、そして旅立ちの時はまもなく。そんな時、まどかはまた皆と会えますよね、と。
ディセルマインは私を信じて、と言うが。あんな風に接していたなら、そりゃあまどかも信じると思うんだ。
皆に万謝の意を伝えているラン。そのあいだにムギナミが取り出したのは鍵?
成程入れられる前にスってたんだね、さすがだ。
作業は順調。一方で、ランの話が段々おかしな方向にいってません?……時間稼ぎか。
どう考えたってネタが尽きてる感するもんな。ここでひろしの名前が出てくるとは。
おじさんはそろそろ止めてもいいんじゃね?あくびが出て、先に任務に、ってなっても全然おかしくないです。
この話は一体いつまで続くんだろうね?まどかのほうが結構やばくなってきた。
皆を引き止めるためなら、ちっちちるちるとか言い出すラン可愛いよw
まどかが見たユリカノ、これが本来のユリカノだよね。今の状態と違いすぎるわ。
これでいいんだ、と言う彼女はあの惨劇を引き起こすわけだが。なんでこんなことをしたんだろうな、兄とは別れたくなくて涙を――。
それについてはまどかが問うてくれました。
自分さえ輪廻の先に消え入口を閉ざしてしまえば、二人が争うことはなくなると。ディセルマインとヴィラジュリオのためにあんなことをしたのか。……結局救い出されてしまったんだが。
ディセルマインがやろうとしていたことを知ったまどか。そんなひどいことを、って普通はなるよね。
しかし本当に悪いのは、そんな力を持った自分であると。確かに、ディセルマインの行動はひどいとも思えるが、民を救うためなんだよね……。
本当はやりたくなかったのだろう、と言うまどかに対して、ユリカノは頑なに、これでいいと。
成程、なんか殴り合いみたくなってたのはこのせいだったのか。
伝えるか、伝えないか。そんな時にムギナミがやって来た!危なかったな。
かついだのですね、と言われ、正しいことをしたまでだとはっきり答えたランは格好良かった。
ディセルマインの艦にやがて変化が訪れるわけだが、ディセルマインの表情が悪役過ぎて。
ここはどこだ、と言うまどかが――、まどかじゃない!?融合は完了してしまったのか?
次回予告、頭ごっつんしてなおったらどんだけいいか。エンドカードのランさんかわええな。

http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67649503.html
isamu / 輪廻のラグランジェ season2 / CM(0) / TB(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
あらすじ・・・レガリテにやって来たまどか達はとりあえずランの部屋を家探しをはじめる。そこにディセルマインから食事会の招待を受け、和やかなムードで話は進むのだが・・・。
輪廻のラグランジェ season2 第5話「鴨川上空衛星軌道にて・夏」 | 続・真面目に働くアニオタ日記 | 2012/08/07 6:21 AM
この記事のトラックバックURL
http://lastheven.jugem.jp/trackback/3205