<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< ドラマ「スクール!!」 第9・10(最終)話。 | main | アニメ「フラクタル」第10話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「レベルE」第11話。

第11話「Field of dreams! 」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-620.html)に返してくださるようお願いします

殺したい。久々の殺意だ。
「レベルE」第11話のあらすじと感想です。
近所のかわいそうな子。

(あらすじ)
県決勝予選の日、雪隆の所属する如月高校野球部は何故か甲子園にいた。
しかしそこは甲子園球場になりきれていなかった。
この甲子園が再現できているのは、テレビなどで分かる部分だけ。それ以外は自分の見知った球場にしか作れていない。

1920年。イギリスで起こったロバート事件では、父親は娘の潜在意識の中にとらわれていた。
この超能力は極度のストレスで引き起こされることが多い。選手にとっては果たしてどのくらいのストレスになるのだろうか。
いわば雪隆達は夢の中だ。
一体誰の夢の中なのか。しかし犯人捜しは無意味かもしれない。
予選決勝がストレスで逃げた。決勝が終わったなら帰れるが、自分達は戦うことが出来ないからだ。
そんな時に試合開始のサイレンが鳴る。征試合でボッコボコにされた相手、愛媛代表の松川商業が出てくる。
乗り気な主将、彼等は松川商業と試合を行うことになる。
序盤では緊張から危機を迎えるが、満塁ホームランがあり同点に追いつく。
クラフト達は美歩の言葉がヒントとなり、雪隆達は試合の光景を見て、これがストレスではないと気づく。
雪隆達は無事戻ってくることが出来た。しかし王子は取り残されていた。

(感想)
あの空間を作り出した犯人は……?
誰だ、とはっきり名前が出されることはありませんでした。
1回見ただけでは正直分からないのですが、そんな今回も展開は面白くて楽しめました。

バスの外を見ると、そこは甲子園でした。
雪隆の所属する如月高校野球部は県営球場に向かっていたはず……。
妙であり、静かすぎる。車の音もざわめきもない。もしや、また宇宙人の仕業?……王子関わってんのかなと思ってしまうところですが……。
ラファティから、如月高校野球部のバスが消えたという話を聞くクラフト達。
そのバスが消えた日は、県決勝予選の日でした。
160キロの剛速球でも縫い目までばっちり見えるディスクン星人……視力凄いw
県営球場まで励まそうと思い、野球部のバスを自転車で追いかけていたラファティだったけど、途中で消えたバス。
それは昭和38年のバイパス乗用車消滅事件と似ている。あれは突発的空間転移による事故だった。
乗用車は一瞬で原子分解したが、そうそう頻繁に起こる事故ではないとのこと。
バスは何らかの原因で別の空間に飛ばされたと見るべき。

とりあえずバスから降りてきた如月高校野球部。センターの野村がなんとも可愛らしいな。
折角甲子園に来たんだから皆で走るべ、と走り出した主将岩田w上は脱がんでいいだろw
正直顔は……と思われる岩田ですが、可愛らしいマネージャー藤井と付き合ってるとか……人の好みはそれぞれですね。
ここは本当に甲子園なのか?甲子園に来たことのある控えの田中は、甲子園で野球観戦をしたことがあり、ちょっと違うようなと……。
ラファティはエラル星人のせいだと言います。潰すしかない、ってさすが好戦的種族。
如月高校が好きで、あのチームがどれだけ熱心に練習してきたかを見ていた。これが原因で、決勝戦間に合わなかったとかになったら可哀想だよな。
本当に異星人が絡んでいると思うか?もしかすると……とサドが考えるのは?

田中はどうやら観戦に来た際、ステッカーをベンチの下に貼り付けて帰ったらしい。名前も書いて。
これは甲子園球場になりきれていないこと、と言って出てきたのは王子!王子と雪隆が一緒にいるってのが久しぶりすぎる。
久々に雪隆に絡みたくなり、ついでに応援してやろうかと思ってバスに同乗したんだとか。
王子の仕業か、と思われたが今回は王子関係ないようです。王子、ただの近所の可哀想な子w
建物の中は、甲子園と市民球場が混ざったような光景になっているようです。
この甲子園が再現できているのは、テレビなどで分かる部分だけ。それ以外は自分の見知った球場にしか作れない。
王子の言うとおり、これは誰かの心の中なのでしょうか?
1920年。イギリスで起こったロバート事件では、父親は娘の潜在意識の中にとらわれていた。
この超能力は極度のストレスで引き起こされることが多い。選手にとっては果たしてどのくらいのストレスになるのか?
いわば雪隆達は夢の中。

潜在意識にとらわれた父親、そこでの映像がなんともグロテスクである。怖いわ。
父親の反省によって娘のストレスがなくなり戻ってこれた。つまり、原因となったストレスが解消されれば、ここから戻ることが出来るであろう。
一体それが誰なのか……?しかし全員揃っている。
潜在意識ではどんなでたらめも許される。誰か1人はフェイクだろう、疑うことだ、って王子なんか楽しそうだぞw
自分以外の全員を疑う、そして自分すらフェイクかもと疑う。疑心暗鬼にさせて楽しいか?と聞かれて楽しいと答える王子……やはり楽しんでたw
犯人捜しは無意味?予選決勝がストレスで逃げた、決勝が終わったなら帰れるが、自分達は戦うことが出来ない。
と、そんな時に試合開始のサイレンが鳴る。そこに、愛媛代表の松川商業が出てきた……!
それは如月高校野球部が遠征試合でボッコボコにされた相手。
これは甲子園にいけるという正夢?と、岩田がやる気満々になってしまったため、試合を始めることに。
が、序盤からして危機。王子の実況がなんとも自然w

野球部のレギュラーが1人だけ駅に来ている。どうやら彼が犯人で間違いなさそうです。
早く助け出さねば、後2時間で決勝が始まってしまう!
王子が野球部のバスに乗っていると知ったクラフトの深層心理ひっでぇw
彼は、王子だけを封印して雪隆達だけを現実世界に戻す方法を模索するも、諦めるの早いなぁおいw
そんなクラフトは確かに悪人にはなれなさそうです。
怪しい人物を次々挙げていくと、王子がこの現象は本人が無意識な場合が多く、表面的な緊張は関係ない。
むしろ冷静な人物が怪しい、って余計ややこしくしてないか?
甲子園であの松商と戦っているのだから楽しまなければ損だという雪隆。
駅へとやって来たクラフト達に、美歩が本当にストレスが原因なのか?と。極限まで高まったのはストレスではなく集中力……!
その人物はバスの中でイメトレをしていた。部員達は偶然その中にとりこまれてしまった……!
同じくらいの集中力を出せば戻ってこれる可能性が高い。試合で勝てれば戻ってこれるか。売り子な王子……w

満塁ホームランが出て同点。それを見ていた雪隆と野村は、これはストレスなんかではないと。
ストレスじゃなければ考えた作戦が無意味な王子、犯人を退部に追い込んだり甲子園を破壊したり、と考えていることが最低だw
本当外道だよね。雪隆によって星にされても仕方なし。
雪隆達は無事戻ってくることが出来たようですね。ジンクス気にするクラフトが何か可愛いじゃないか。
何か忘れているような?今夜は祝杯……って、ああ、王子は精神世界に取り残されてるのかw
結局犯人は誰だったのでしょうか。ユニフォームが汚れてない人物なのかな、と思いますが……もう一度見直さないと分からないですね。
次回予告、王子の結婚話ですか。婚約者……台詞が棒読みじゃなければいいです、ええ。

isamu / レベルE / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。