<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「屍鬼」第20話。 | main | アニメ「とある魔術の禁書目録供彗11話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「咎狗の血」第11話。

第11話「憎悪/convict」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2202.html)に返してくださるようお願いします
 

ずっと一緒にいたかった。
「咎狗の血」第11話のあらすじと感想です。
別れ。

(あらすじ)
ついに軍がトシマに進攻した。
そしてナノとシキの戦いが始まるが、どちらが勝つのかは火を見るより明らかだった。
ニコル・プルミエ。それはまさに生きる戦闘兵器だった。
 
血を受け入れるという所作が試練。
力を手にするために全てを斬り捨ててきたというシキは、超えてやるとその血を口にする。
死んだかと思われたが、シキは動いた。彼は乗り越えたのだった。
軍は、投降するイグラ参加者を容赦なく射殺していく。アキラはケイスケを物陰に隠して飛び出していく。
銃口を向けられてしまい危機を迎えるが、それをケイスケに助けられる。
もうすぐ教会だというところまでやってきたが、アキラとケイスケの前にシキが立ちはだかる。
アキラに自分と来るように言ったシキは、突っ込んできたケイスケを斬った。
ずっと一緒にいたかったと言ってケイスケは息を引き取る。アキラの叫び声が響いた。

(感想)
ケイスケの死。
というのは予想していませんでした。一緒に帰るんだよね、とか思ってたのにこれかよと。
救いのある結末になるといいのですが……次回気になりすぎるわ。

ナノの前に姿を現したシキ。そして軍が遂にトシマへと進攻開始!
内戦が始まったことを感じながら、ケイスケを背負い歩くアキラは……。
目の前にやって来たシキに、いつまでそうして立っているつもりだと問うナノ。
言われたシキは突っ込んできますが……ナノ、素晴らしすぎる身のこなしである。
彼は気がつけばシキのすぐ近くにいて、それでも当たらず。その光景遠くから見るのはアルビトロ達。
ニコル・プルミエ。それはまさに生きる戦闘兵器。シキが勝てる気が全然しません……。処刑人でも無理なんだろうね。
刀を振るうシキの問いに答えず……消えた?と思ったらまたふ、と現れて。

滅びが近いのならば、おろかなる魂は無に帰す。思い上がり、愚の産物を生み出す元凶……。
命、自然、文明。度を過ぎれはそれは醜い欲望の塊へと成り果てる。
人は弱い上に高みへと登ろうとする。シキは力こそ現実、力は絶対だと。
何故にナノを求めるのか?それに答えは返ってこず、何故あの時自分を殺さなかったのかと言う問いが。
血まみれで倒れている兵士達。中々にヤバい光景である。1人で次々と倒していくのがナノ、ですね。
今のナノよりこっちのほうが好きだ……。
光景を見ていたシキはあっという間に捕まるのですが、何故か手にかけることなくナノは去っていき。
あの時シキの中に見た、恐怖、衝動。必ず追ってくると思ったようです。
これ以上まだあがくのか?挑むことを止める、ってことはしないのね。
アルビトロは、どちらが勝つかは火を見るより明らかであると。ああ、刃は確かにナノを貫いた、と思ったのに……!

押さえられた手。シキが憎んでやまない、ナノの身体を流れる血。
この血こそがシキの弱さの象徴……!ナノの血を薄めたものがラインで、純度の高い原液を使えば人は発狂して死ぬ。
血を受け入れるという所作が試練。まさかシキがナノの血を飲むという展開に!?
力を手にするために全てを斬り捨ててきたというシキ。超えてやると……!止めろよ、と言っても無駄ですね。
そしてシキがナノの血を飲んでしまった!
お前は本当に愚かだ、と言ったナノ。なんだか笑みが浮かんでいるような。シキはもう無理だろこれと思ってしまうのですが。
悲鳴が痛々しすぎる。あ、倒れた……死んだ?と思ったんだけど動いた!まさか取り込んだのか……とんでもない。

軍は、投降するイグラ参加者を容赦なく射殺!このままではアキラ達も見つかるよ。
アキラはケイスケを物陰に隠して、自分だけ飛び出していきますが……。なんとか1人を捕まえ、1人を倒すのですが、残りに銃口を向けられてしまう。
これはやばい、ってところにケイスケが来てなんとか危機を回避!
ここはまずいと移動を始めますが、どこもかしこも死体だらけですよ。
もうすぐ教会、ってところまでやってくるのですが、そこに立ちはだかるのはシキ。のりこえたシキの強さはきっと半端ないことになっているのではないだろうか。
シキがアキラを連れて行く!?そこへケイスケが突っ込んでいくけど……ちょ、ケイスケええええええ!!
てっきりケイスケと一緒に帰るんだと思ってたのに何この展開。悲しすぎるやろ……しかしシキが格好いい。

ナノを超えたシキだけど、シキは自分自身に負けた。軽やかに降り立ったシキはしかし、己も貴様も凌駕したと言う。
皆待っているのに……ここにきて。
アキラのために何かしたくてラインを飲んだケイスケだったけども、結局アキラを苦しめてしまった。
ずっといっしょにいたかった。と、ここで2人の回想が流れるのはいい。
ケイスケが息絶え、降ってきた雨はまるでアキラの涙のようだ。
そしてEDがよりにもよって、いとうかなこのSTILLだよ。これはいかん!
次回予告、この物語は一体どういう結末を迎えるのだろう。
isamu / 咎狗の血 / CM(2) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

ケイスケwwちょwwおまwww的な最期でしたね。別にお前そこで突っ込まなくてもいいんじゃないか??背後から攻めるなら叫んじゃだめだろ気付かれる。リーチが違いすぎる(棒と太刀)てかあれ一刀両断??


ケイスケはもしかしたら、自責の念にとらわれていたのかもしれません。薬の所為とはいえ沢山の人間を殺してしまったのですから。
あのまま生きて出られたらそれはハッピーエンドで良いかもしれませんが、都合が良すぎる気もします。
匿名キボンヌ / 2010.12.24(Fri)11:40
>匿名キボンヌさん
コメントありがとうございます。
本当、ちょwおまw的な最期でしたよね。まさかあんな風にして退場になるとは思いませんでしたよ。
色々ツッコミどころが……。

自責の念にとらわれていたってのはケイスケのことなのでありそうですよね。
確かにあのまま生きて出られたら、都合よすぎな気もするかもしれません……。
しかしあの最終回はないよなぁと思いました……。
isamu / 2010.12.27(Mon)13:24
コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。