<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「BLASSREITER(ブラスレイター)」第24(最終)話。 | main | アニメ「ネオアンジェリーク Abyss -Second Age-」 第13(最終)話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「隠の王」第26(最終)話。

第26話「心 紡いで」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

壬晴に会えて……よかった。
「隠の王」第26話のあらすじと感想です。
宵風自身の選択。

(あらすじ)
教会で宵風を見つけた壬晴。しかし宵風は壬晴を拒絶する。
彼にあるのは罪の意識。宵風は、自分に何かを望む資格はないのだと言う。
壬晴は、宵風を助けてきた人達の思いはどうなるの?と言って宵風自身に選択を委ねた。
彼は森羅万象はいらないのだと言った。あるがままの僕。
残された時間をいきたい。宵風はそう願うのだった。
森羅万象にさよならを告げた壬晴。そして元通りの日々が始まる。
成長して、活発になった壬晴。雷鳴と虹一と向かったのは雲平と英の家。宵風はそこで残りの時間を穏やかに過ごしていた。
雷光を探したけれども、結局見つかったのはお守りだけだった。雷鳴に託そうとする俄雨だったが、持っていてと言われ、逆に託される。
雲平にとってもそれは穏やかな日常。壬晴は虹一の秘密を知るが、虹一は萬天で相澤虹一として生きる事を決意。
小太郎は、壬晴の決断を受け入れてはいるようだった。今後も行く末を見守るようだ。
鰹節を買って帰る壬晴。使いを任された雲平。辛い過去を受け入れている雲平は、今では感謝していると言う。
買い物中、雪見と和穂に出会う壬晴と雲平。和穂からは薬を、もう宵風には会えないとする雪見からはレモネードのレシピを託された。
そのメモにあった住所を後日尋ねた壬晴と宵風。家の男性に声をかけられるが、庭が綺麗だと言って立ち去るのだった。
時流れて春。いつものように穏やかな日。
レモネードを頼んだ宵風は、微笑を浮かべて静かに光の欠片となって消えていく……。
壬晴達の胸に思い出を残して。

(感想)
綺麗な終わり方に満足です。
そこにいたるまでが何か途中からぐだぐだで、大丈夫か?と思ったりもしましたが、ちゃんと終わってくれてよかった。
宵風は消えてしまったけど、不思議と悲しくはなかったです。……涙が枯れ果てただけかもしれませんけどね。

自分を責める宵風。説得を試みる壬晴。
何か宵風は何回も言うようだが、見ていてやっぱり辛いなぁと。今回もまた痛々しいです。
皆を助けてくれた人の思い、大切にして欲しいですよね。
消えたい。と願わなかった宵風。その決断のおかげで、壬晴は森羅万象に別れを告げるわけですが、このままこうやって封印したままずっと生きる事になるんですかね。

あんな大きな声出して元気そうな壬晴、最初とは大違いですね。
無気力無関心な壬晴も結構好きだったんですけど、活発な壬晴もまたいいよね。つかこれが本来あるべき姿だよな……。
宵風の表情とか声とか何か柔らかくなりましたよね。
俄雨は剣道部に入ったのか。頑張って雷光さんのようになってほしいですな。
雷光さんは一体どうなったの?遺体見つかって欲しかったんだが、消滅してしまったのかしら。
雷鳴の言うとおり、雷光さんはいつでも胸の中にいますよね。ずっと見守っててくれますよきっと。

虹一の決意。で、彼の言う彼女って白玉だよなと思いつつ、じゃああれはしじまなのか?と思っていたら、その後の小太郎との会話後で猫だと判明しましたな。
小太郎はやっぱりがっかりしたよな、だよな。あれだけ期待してたのに、残念w
本質は森羅万象を記した書物らしい小太郎。……やっぱり変わってるわ小太郎。

何かこうやって壬晴と雲平先生が穏やかに話してるのが新鮮すぎる。
辛い記憶でもちゃんと受け入れてるのは凄いと思うよ先生。
旭日の記憶を大切にしてと言う壬晴。心もちゃんと成長しているようで一安心ですよ。

託されたレシピの住所はなんだろうなーと思っていたらそうか、その場所は……。
宵風は自分なりにけじめをつけるために向かったんでしょうね。
そしてまた流れる穏やかな日々。ここのBGMが素晴らしすぎるのですが。隠の王は音楽が素晴らしかったと思います。
別れは突然に。光の欠片となって消えていく様子がちょっと悲しかったけど綺麗でしたね。

最終回。最初にも言ったように、綺麗に終わってくれてよかったと思っています。
簡単な総評など。結構期待して見始めて……、最初は面白かったんですよ。
ぐだぐだになったのってどのへんからだ?多分オリジナル展開に入った辺りからですよね。
悪くはないレベル。普通よりちょい上くらいかなぁ。あの堂々巡りがなきゃもっとよかったのに。
忍同士の戦いと言うものがあまりなくて個人的に残念でした。もっと見たかったんですけどね。
あと先生がヘタレすぎて泣けた。灰狼衆の最後もなんかあっさりでしたね。雷光は死ぬしな。
OPとEDはよかったんじゃないかな?でも2クールEDはあんまり好きじゃないかも。OPについては本気で神だと思う。私の中で今期ダントツです。
作画は安定していてよかったですね。
コメント、TB下さった方々ありがとうございました。そして読んでくださった方々にも感謝を。
また別の作品で。
isamu / 隠の王 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。