<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「ストライクウィッチーズ」第11話。 | main | アニメ「薬師寺涼子の怪奇事件簿」第11話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第11話。

第11話「真相の快味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

もう、お前をどこにも逃がさない。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第11話のあらすじと感想です。……それでも、救わないわけにはいかないのです。

(あらすじ)
子供の頃の記憶。誘拐された時の悪夢。父親に対しての拒絶。
悪夢から目を覚ました橘は……。
橘が警察に協力するとして、刑事達は2階のエイジの部屋で張り込みをする事になる。
小野の好みか確認する事を忘れない橘。警察を見ると逃げ出したくなる衝動に駆られるエイジ。
監視カメラの映像に映る、怪しい客。
しかし派手な柄シャツの男性は常連で、スーツ姿の男性はどうみても酔っ払いだった。
酔っ払いに対して懸命な対応を見せる千影。その心は、ちゃんとその客にも伝わったようだ。
閉店しようとしたその時、常連客の女性がやって来た。いつもより遅い時間。
その客に、傷のようなものを見た橘。女性の疲労を感じ取った橘は、女性客を送っていく事にした。
家に着いて、扉が開いた時に聞こえた悲鳴。
制する女性を振り切って、辿り着いた扉。橘の脳裏を過ぎっていく過去。
本当はあんな事を言いたくはなかったのだと。
扉が開いて、出てきたのは子供。後から出てきたのは、橘が探していた人物ではなく、まだ若い青年だった。

(感想)
ちーちゃんの懸命な対応に感動した。
今回は同じくらい橘が格好よかったのだけど、やっぱりちーちゃんの事が印象深かったなぁ。
それに比べてエイジが結構空気だったなぁと思うわけです。

橘の闇。
可愛い子だ、とか言われて抱きしめられたら、そりゃあ父親に抱きしめられるのが嫌になったりもしますよ。男性恐怖症になって、小野を罵倒したのも全ては誘拐事件にあるわけですね。
警察に協力する事になったわけだけど、好みかしっかり確認する橘……。そんな彼を気遣う小野がいいですね。
エイジの様子がどうにもおかしいわけですが、逃げ出したくなる衝動は、仕方ないですよね。
だってエイジってヤンキーだったわけだしさ。

ちーちゃんの横顔がうっつくしいですね。
悪くなっていくような気がする。気がするだけだよね、きっと大丈夫さちーちゃん。
刑事さんに励まされてるわけですが、似合わないってきっぱり言われてしまったなw

やばいキタノ美味しそう!
ちょ、刑事さん美味しそうなのは分かるけど、ちゃんと捜査しようよw
やばいですね、ケーキもですが、弁当も美味しそう。

派手な柄シャツ、これはあのサンタさんを喜んでいた男性じゃないですか。あの気の強い女性の旦那さん。確かに怪しい、非常に怪しいが犯人ではないですねw
酔っ払いは性質悪すぎですよね、嫌だ嫌だと思いつつ見てたんですけど、ちーちゃんの対応がいいんだよね。
大声を出した客に駆け寄ってくちーちゃんが可愛いですね。
そして、コンタクトを懸命に探すちーちゃんは格好よすぎる。目を細めているのにドキリとする。
時間が経過すれば酔いもさめる。そのおかげか、最後ちゃんと気持ちも伝わったようでよかったですよ。

常連客にある傷らしきもの。橘目ざとい。
披露している女性を送る、って事ですけど、私には笑顔がちょっと怖かったよ……。
聞こえたのは子供の悲鳴、と言う事で土足で踏み込む橘。
女性引きずって歩いていく様は普通にすごいと思いましたよ。
開けろ、と言い出したあたりの橘は格好よかったですね。ちょっと怖くもありましたけど。
事件がなければ、あんな小野に対してあんな事を言うこともなかったんだよね。もう少し優しい断り方が出来ていただろうな。
誘拐犯は結局橘が探していた人物ではなかったけれど、次回最終回だからきっと出会えるさ。

そして物語はクライマックスへ。とうとう次回は最終回。1クールは短いな。
素晴らしい作画を見せて欲しいです。
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。