<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」 第12(最終)話 | main | アニメ「PERSONA -trinity soul-」第25話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第12話。

第12話「児手柏の両面」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

頼むから、少し黙っててくれよ。
火鼠が結構可愛いよ火鼠。
今回も素晴らしいところできれましたね、「あまつき」第12話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
蔵での爆発。しかし鴇時達に特に怪我はなかった。
目の前に現れた巨大ネズミ――子飼いの妖、火鼠。それは黒鳶の助けだった。
爆発によって、妖達は痛手を負っている。
妖達に刃を向ける朽葉だったが、黒鳶はそれを制して今様に武器を突きつけながら話を聞きだす。
聞き終えた後で殺そうとする黒鳶を制したのは鴇時だ。何も殺す事はないのではないか。
そんな鴇時に、黒鳶は玄吉の話を聞かせる。彼にもまた、事情があったのだ。
同情を誘う余地など、探せばどこにでも転がっている……。
そこへ現れた露草。黒鳶が露草と対峙し、朽葉が刃を振るう中で、鴇時は依木を引きずってきて妖に手渡す。しかし、それでも妖の怒りは収まらない。
主の仇討つまで、退くわけにはいかないと……。
今様を攻撃するものがあった。攻撃の主は煤竹。そしてそこには梵天の姿もある。
天座は妖の味方ではないのか?と妖は言うが、梵天はそれはお前達が勝手に言っているだけだとつっぱねる。
梵天にとっては、夜行も姫も等しく邪魔な存在であり、乱す輩は敵なのだ。
鴇時は案外役に立つ梵天の駒で、手出しをするならば許さないとする。
しかし露草は今様の味方だ。梵天に襲い掛かる、も空五倍子にあっさりと止められてしまう。
自力で塀を這い登った平八は、露草にここの人間を殺すのだけは勘弁して欲しいと頼み込む。
平八の口から語られる真実。御神木は正しく祓われた、恨みなど残してはいなかった……。
露草は、狐がぐずっているのに乗せられただけだと、梵天は言う。
そして店主の大火傷は事故であり……。
狐を助けてやってくれとの言葉に揺さぶられる露草。と、そこに現れたのは夜行。
妖怪を回収しにやって来た夜行を梵天に止めろとする鴇時だが、これは鴇時が選択した結果だった。
満足だろう?――違う!鴇時は、妖怪達の渦の中へと入っていく。果たして、その結果は……。

(感想)
黒鳶さん、何かお久しぶりな感じ……?
着物姿もいいけど、この格好も好きだな。火鼠も中々に可愛い感じですね。声はどっちかってーと渋い感じですけどね。どどん、と火鼠が出てくるところはちとびびったかな。迫力あるぜ……。
殺す事はないとする鴇時はやっぱり優しい男の子です。黒鳶さんは冷酷?とか思うけどでも、同情を誘う余地なんて探せばどこにでも転がっているってのは分かるかも。片方だけが可哀想、なんて事はないよ。

今回の途中までの露草はちょっと……。
ここまできてしまうとあまり可愛くないので困る。でも森久保ボイスはいいねー。

一方で梵天は今回もお美しい……。
襲い掛かってくる露草をあっさり拘束する空五倍子がいい。
意見は許しても反抗は許してない梵天。ああ、凄く俺様です。だがそこがいい。

中村屋の旦那さんはいい人すぎる。
損する事をわざわざ引き受けるというのはそんな簡単に出来るものじゃないよ。
火傷も祟りなどではなく、粉が足元の提灯に入り込んでそれで引火しただけの事だそうで。
平八の語りが良かったですー。そしてそれに揺らぐ露草も可愛らしい。

現れた夜行。鴇時の口を梵天がずっと塞いでるのが個人的にツボでした。
で、妖怪達へ向かっていく鴇時、で次回最終回へ。やっぱりすごいところで切ったなー。

今回も悪くないなぁ。結構面白かったんではないかと。
早いもので次回最終回ですって。
最終回で、久しぶりに紺が出る――!!!
紺スキーの私には涙が出るほど嬉しい事です。もうこのまま出ないのかと。うう。
果たして次回、鴇時の運命は?そして物語の結末は?
楽しみだけど、終わるのは寂しいな。
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。