<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」第8話。 | main | アニメ「PERSONA -trinity soul-」第21話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第8話。

第8話「薄暮花が眠る」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

さすが坊主。大人物だな。
やっぱり平八放置プレイ。今回は過去編ですよ、「あまつき」第8話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
幼い頃、朽葉は村の外れで祖父と2人で暮らしていた。村人とは言葉を交わさぬように祖父から言われていた朽葉。彼女は、祖父が死んでも1人でそこにいた。
沙門は、犬神憑きの朽葉を気味悪く思う村人から、犬神退治を依頼されていた。
朽葉の住む場所へと向かった沙門。家、と言うより廃屋の前で鞠つきをして遊ぶ少女が朽葉。
転がってきた鞠を拾い、差し出そうとする沙門だが、朽葉は怯えて中に入っていってしまう。
後を追うように中へ入った沙門に狗神が襲い掛かる。それを法力で押さえ込んだ沙門。
狗神は朽葉のためにも、自分を殺せと言う。朽葉にも狗神にももう、居場所はないから……。
朽葉が安寧に生きていくと言う狗神の願いを知った沙門は、朽葉をこの場所から連れ出し、自分が預かる事を決意する。
沙門はまだ、本当の救いが何なのか分かっていない。だから自分は周囲が笑顔でいられるように頑張ろうと……。

胡僊は、己から坊主になる道を選んだ。
いつも己がとてもつまらないものに見え、ましてや自分は武家の三男。上にもいけず下にもいけない厄介な存在。ならばいっそ、と。
彼は禁域に入り込んでいる銀朱を妖憑き筋と勘違いし、出て行くように忠告する。もし出て行かなければ全力で人を呼ぶ。
胡僊はまだ、入山して1週間しかたっていない新参者だった。半人前で、まだ術を使えない。
彼はサカガミ神社に1度弟子入りを志願していたが、酔っ払いっぷりを見て堕落しきっていると見限ってしまっていた。
禅の本質とは何か?胡僊は沙門にそう尋ねた。すると、毎日使っている箸のようなものだと沙門は答える。禅に利用価値はなく、道具と同じようなもの。そして妖退治は飯のタネ、生活手段。
何を坊主に求めているのか?聞かれた胡僊は弟子入りを止めて立ち去ろうとする。聞いたのは、沙門の理想。
河原にいた胡僊は朽葉と沙門を見つけた。そして会話を聞いてしまう。
本当の答えは自分で見つけるもの。沙門は、人と妖の間でどんなに心乱されようとも乗り越えたいと思っている。
話は現在へと戻る。厨房に忍び込んだ紺は、朽葉に優しくした人物を覗きに来たのだった。

(感想)
沙門に笑顔を向ける朽葉がとっても可愛い。
あらすじ途中で力つきて、後半かなり適当になってしまった。でも無駄に長い……。
今回は平八放置プレイで、過去話でしたね。何と可愛そうな平八。
これ、小難しい話だなぁと改めて思った。途中から訳分からなくなったのは事実。
そして別に感想として書くような事があんまりないんだけど……。

前半は朽葉の過去話。
時に神としてあがめられ、しかし都合悪ければ鬼とされる。
本当は村人が穢れた存在だと朽葉達を忌み嫌い、接触したがらなかっただけと言う何とも切ない事。
ボロボロの召し物がまたねぇ……。

最初に朽葉が出会ったのって沙門だったっけ?そうだったような違ったような。
原作読み直さないと駄目かなー。
おにぎりの辺りの2人のやり取りは癒された。

胡僊の話では、全力で呼びに行きます!のところが実は好きだ。
ちょ、何笑ってんですかちきしょううわーん。とか大好きだったんですけど、なかったなぁ。
後、胡僊を騙そうとした佐々木さんと銀朱のやり取りとか。原作のが、胡僊可愛らしくて好きだなー。
アニメのはあんまり茶目っ気がないような気がして……。
あ、昔の佐々木さんは胡散臭くなくていいですね。

迷えば寂乱を生じ 悟れば好悪なし
善悪の対立で心を乱さず、全てをあるがまま受け入れれば好きも嫌いもない

寒松一色千年別なり 野老花を坫ず 万国の春
冬の松ように厳しい修行も耐えられるし、春の花遊びも同じように楽しめます
目の前のものが何でもひたすら向き合う……。

胡僊の心はまだ感情に振り回されてしまう未熟なもの。
悩んで迷って……、彼はいつ答えを得る事が出来るのでしょうね?
しかし、今はまだ答えが分からなくてもいいのです。まだ先があるのですからね。

何書いていいか分からんのでこの辺で打ち止め。
最後に紺出てきてくれてよかったよー。
さて次回は本編に戻ります。予告見て分かる通り平八は死んでないよ。
露草を沢山拝ませてくれー!
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする










この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。