<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「君が主で執事が俺で」第10話。 | main | アニメ「true tears」第10話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「シゴフミ」第10話。

第10話「デアイ」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

死んだものは元に戻せない。
リセットが効かない。だから戻って来ない。それが死。
ゲームじゃないのだから……。
今回は文伽とフミカが出逢い、そして病室の文伽が……。
では、「シゴフミ」第10話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽。
そこで彼女は、従兄の日比谷毅彦と留守番をする事になり、食事をするためにファミレスに向かった。
彼は絵を描いていた。突然ゲーム会社を辞めた。絵を描いていたのだけれど、それは自分の描きたい絵ではなかったのではと思ったからと話す。しかし彼はガンでもう長くはない状態だった。
食事だけではなく、ゲームセンターや映画館に文伽を連れて行く毅彦。しかし帰り際にふとしたことで若者に絡まれてしまう羽目になる。
警官には、文伽を誘拐したのだと誤解され、無職であると話せばまた無職だよと呆れられ説教される。
一方、取り調べを受ける毅彦を外で待つ文伽は、シゴフミを配達するフミカに出会った。
取調べ中に、元同僚とは気まずいままに終わり、挙句の果てには帰り道で車が動かなくなる。
人を呼んでくると言う毅彦についてくる文伽。彼女がやっているそのゲーム――森の仲間達を見せてくれた事で毅彦は思い出す。自分はただ、絵が描きたくて、人に喜んで欲しかった。
葬儀後、文伽にはフミカからシゴフミが届けられる。それは毅彦からのシゴフミだった。
中には絵と、それに添えられたありがとうの言葉があった。
そして、病室で遂に文伽が目覚める。

(感想)
感動した……。めちゃくちゃいい話じゃないですか!
最近どうも涙もろいので泣いてしまいました。毅彦さんかわいそうすぎる。
ガンで余命いくばくもない。若者に絡まれ、警察はとんだクソ。あんなん見たら警察なんて信じられなくなりますよ。あんな人の話端から信じないような刑事なんてそれこそたくさんいるんだろうが。
やりたい事って何でしょうか?私はやりたい事あれど、それを職業になんて出来ずに生きています。
やりたい事を仕事にできるって、いいですよね。
で、結局今回の文伽の話の後、病室の文伽が遂に目を覚ましましたな。
次回。メザメ。クライマックスもすぐそこです。
isamu / シゴフミ(終了)。 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するトラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。