<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
<< アニメ「俗・さよなら絶望先生」第6話。 | main | アニメ「君が主で執事が俺で」第6話。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「シゴフミ」第6話。

第6話「サケビ」

森下俊介は、匿名掲示板でイジメられている人間のカキコミを見ていた。
自分の学校生活の中で当たり前のように行われているイジメ。カキコミと比べれば、それは随分とマシなように思えていた。
ところがある日、森下はそこにカキコミしている人物が、同じクラスでイジメを受けている菊川公一である事に気がついてしまう。本人かどうか確認する森下だが、菊川から助けてくれと懇願される。悪いのは苛めているほう、自分ではない――と。
そしてその現場をイジメグループに見られた森下は、菊川が友達ではないと証明してと言われ、菊川を学校の屋上に呼び出す。
そこにあった鉄骨。それを渡るだけの簡単なルールのゲーム。
助けた、と森下は言うも、裏切られたと感じた菊川は自殺。そして標的が森下へと移り、半分死人の2人目が出現する。
また行われようとしていたゲーム。そこに現れたフミカが手渡す、菊川からのシゴフミ。それには彼に対する恨みがつづられていた。
森下は戦った。社会的には死んだが――自分を守るために。
そしていじめの連鎖は続く。
これは何と言う鬱。見ててこっちの心が折れそうでした。いじめもだけど、あの母親の乳を飲もうと頑張ってる子犬の姿に心打たれた……。
これは堪らんわ……。リアルすぎる。
つか、また要の学校なのね。すげぇ学校ですな。
いじめはよくないですなー。ストレス発散、とかっていじめをするその根性がよう分からん。心痛むだろ普通。正直あのイジメの主犯の男子生徒共は殺したくなるぞ。
でも、いじめられる側にも問題はあるって言うよね。菊川には私もちょっといらっとした正直。いらいらする人物とは、関わらないようにするだけだな、私だったら。
あのシゴフミの内容もなぁ……。
森下もいなくなった事で、またいじめ発生。今度は女の子か。もうあの主犯何とかするしかないよ。
で、文歌の事。文歌が出歩けるはずはないって事で、要父曰くフミカは文歌じゃないって事ですが……、普通はそう思うよね。
文歌が眠っている理由は教えてもらえない。ただ、父親を撃ったと言うのはやはり本当だったわけですな。
次回は過去話?色々分かるといいな、たのしみだ。
isamu / シゴフミ(終了)。 / CM(0) / TB(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するトラックバック
よく放映許可が下りたなと感じた6話。実際放映中止のところもあったようで…内容がヤバすぎるだろう… イジメの叫びと負の連鎖。要の通う学校って問題多すぎ… ネットで掲示板を見ている今回の主役、森下。内容はイジメられている者の心のサケビだった。書き込みの
シゴフミ第6話 「サケビ」 | のらりんクロッキー | 2008/02/10 10:38 PM
この記事のトラックバックURL
http://lastheven.jugem.jp/trackback/1074