<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第11(最終)話。

第11(最終)話「冬の花火」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

そうだ、どうして忘れていたんだろう。
「青い花」第11話のあらすじと感想です。
初恋の人。

(あらすじ)
母親に呼ばれあきらは目を覚ます。冬服のことを聞いて、衣替えだと気づく。
文芸部のふみは図書館の本の入れ替えをすることになる。図書委員だけでは手が足りず、いつも借り出されているのだった。
作業を進めていると、そこで洋子達と出会う。
和佐のところへと通い絵画を学ぶ京子は、そこで恭己が留学すると言うことを知る。
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第10話。

第10話「幸福の王子」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

先輩は勝手です。
「青い花」第10話のあらすじと感想です。
彼女との決別。

(あらすじ)
新学期が始まり、いよいよ和佐と各務先生の結婚式当日を迎える。
恭己はきっと泣いてしまうと和佐は確信をもつ。機嫌をなおしてお祝いしてよ、と和佐は言うのだった。
結婚式にはあきらや京子達も参列するのだが、恭己に言われて兄や康も参列することになる。
兄となる人物への挨拶を済ませる前に、公理に対して式の途中で泣かないように言う恭己。
公理もまた各務が好きだったのだ。
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第9話。

第9話「夏の夜の夢」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

俺は、その人になりたい。
「青い花」第9話のあらすじと感想です。
彼女の好きな人。

(あらすじ)
夏休みに入った。
京子の誘いで、康の清里の別荘へ向かふみ達。あきらとふみ、洋子達だけではなく、そこにはあきらの兄、忍の姿もあった。
康の母親の妹に中を案内されていると、ふみは廊下にある一枚の絵に目がいった。それは京子が描いたものだ。
女子はテニス、男子はゴルフをしていた。康は忍にもう誘うことはないので安心してくださいと言う。
 
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第8話。

第8話「恋は盲目」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

ありがとう、あーちゃん。
「青い花」第8話のあらすじと感想です。
感謝。

(あらすじ)
今のままじゃ付き合えないと杉本先輩から言われたふみは、雨の中杉本家を後にしようとする。
公理が送ってくれることになり、ふみはその車内で先輩が好きなのが各務先生なのかを問う。
各務先生は和佐と結婚するのだと公理が言った。
藤が谷の校内新聞で、各務先生結婚のニュースが広まる。
それを見た京子は、各務先生に対して嘘つきと言い、自分は杉本先輩が好きであることを明かす。
今朝からふみの様子がおかしいと感じたあきらは、ふみから杉本先輩に振られたことを聞かされる。

続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第7話。

第7話「若葉のころ」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから
 
本当に今好きな人は、そのお嬢さんなのね。
「青い花」第7話のあらすじと感想です。
気持ち。

(あらすじ)
藤が谷演劇祭翌日。ふみからあきらに連絡があり、2人は横浜で一緒に遊ぶことになる。
その日、ふみはあきらの家に泊まりたい気分だと言い出し、あきらはうじうじしないなら泊めてあげると言う。
自分だけ杉本先輩にひどいことをしてしまった、と言うふみに、助言をするあきら。
先輩にタオルをもって言ったふみは、杉本先輩に今度の土曜が空いているかを問われる。
デートだ、と言う彼女は、家族にも紹介したいと言うのだった。
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第6話。

第6話「嵐が丘(後編)」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

私はふみを裏切っているのかな。
「青い花」第6話のあらすじと感想です。
過去のこと。

(あらすじ)
藤が谷女学院演劇祭当日になった。
あきらの家族はあきらを見つけるが、その途端あきらは姿を隠してしまう。
手伝いをしている洋子達が隠れているあきらに声をかけるため、そこにいることがばれてしまい、兄には暇なら校舎の中を案内するように言われてしまう。
泣いている星の王子様を慰め、皆のもとに返した杉本先輩は、初等部へと向かうふみと出会う。
 
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第5話。

第5話「嵐が丘(前編)」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

それで悲しい思いをする人がいるなんて、思いもしなかった。
「青い花」第5話のあらすじと感想です。
好きな気持ち。

(あらすじ)
演劇祭が近づいていた。藤が谷の生徒に声をかけられる杉本先輩を見たふみは、先輩は皆から好かれるんですねと呟く。それは嫉妬かもしれなかった。
ふみは先輩を疑っていた。好きな人が別にいるのではないかとあれこれ考え出すと止まらない。
あきらと話をしていると、そこに京子がやってくる。
 
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第4話。

第4話「青春は美わし」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

先輩、図書館の君って誰なんですか?
「青い花」第4話のあらすじと感想です。
あだ名。

(あらすじ)
キスをした後ふみは、杉本先輩からこれから待ち合わせて一緒に行こうかと言われる。
しかし駅へと行けば、そこであーちゃんもふみを待っており、杉本先輩とぶつかる。
先輩に一緒に行くことをやめるというふみに対して、彼女は帰りは自分のために取っておいてと言うのだった。
あきらは京子から、康が自分を気に入ったみたいでありまた会いたいと言う話を聞く。
 
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第3話。

第3話「朝目覚めては」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

万城目さん、図書室に行こう。
「青い花」第3話のあらすじと感想です。
人攫い。

(あらすじ)
涙を流す京子を目撃したふみだったが、彼女は何も言わずふみの前から立ち去ってしまう。
その後から出てきた杉本先輩に、ふみは言いそびえれたことを話そうとする。
バスケ部への入部を断ったふみは、杉本先輩に自分の好みであると言われる。
外でのその様子を目撃したあきら達。洋子は恋路の邪魔をしようとふみに帰ろうと声をかけた。
 
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)

アニメ「青い花」第2話。

第2話「春の嵐」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
記事は
こちらから

ふみちゃんは、お姉さんのことが、そんなに好きだったの?
「青い花」第2話のあらすじと感想です。
取り乱し。

(あらすじ)
10年ぶりの再会を果たした幼馴染のふみとあきら。
行きだけではなく帰りまで一緒になり、あきらは明日も一緒に行こうかと誘い、ふみは了承する。
あきらがおはぎが好きだったということをふみは忘れていた。
ふみは餡が嫌いで、彼女の分まであきらが食べていたと言う。甘酒のことを、ふみは思い出した。
お嬢様、といった感じの部活に入りたいあきらは、茶道部や華道部もいいが、演劇部も捨てがたいと思っていた。
続きを読む >>
isamu / 青い花 / CM(0) / TB(0)