<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第12(最終)話。

第12話「永遠の後味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

永遠に続かないからこそ、少しでも長く続けられるように、大事にしていこうぜ。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第12話のあらすじと感想です。……そして残るもの。

(あらすじ)
橘の協力によって、解決を見た連続幼児誘拐事件。
刑事は安堵するものの、橘の表情は冴えない。
殺す前にケーキを食べさせるのは、子供達が安からに天国へいけるようにするための儀式だったのだと言う。
そんな事を聞いて警察を後にする橘。するとそこで芥川に出会い、彼に頭を下げられるのだった。
「アンティーク」にはまだ灯りがついていて、小野達が橘の帰りを待っていた。
小野と千影は、子供が無事であった事に涙を流す。24歳の犯人が、自分を誘拐した犯人であるはずがない――、小野を誘拐した犯人は、家を売却して仙台に行くようだ。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第11話。

第11話「真相の快味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

もう、お前をどこにも逃がさない。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第11話のあらすじと感想です。……それでも、救わないわけにはいかないのです。

(あらすじ)
子供の頃の記憶。誘拐された時の悪夢。父親に対しての拒絶。
悪夢から目を覚ました橘は……。
橘が警察に協力するとして、刑事達は2階のエイジの部屋で張り込みをする事になる。
小野の好みか確認する事を忘れない橘。警察を見ると逃げ出したくなる衝動に駆られるエイジ。
監視カメラの映像に映る、怪しい客。
しかし派手な柄シャツの男性は常連で、スーツ姿の男性はどうみても酔っ払いだった。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第10話。

第10話「鼓動の異味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

そういう店にしようと思ったのは、全て、この日の……。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第10話のあらすじと感想です。……多分この日を待っていたんです。

(あらすじ)
誘拐された橘は、犯人の太もも部分を刺して逃げた。
悪夢から目覚めた橘は、最後に犯人が橘に告げた言葉を思いだせずにいた。
シャワーを浴びながら考えるのだが、思考回路は千影の声で断ち切られる。
橘の都合を考えない千影に、橘は救われてきていた。
新作ケーキ、アンニャの試食。その味にエイジは大満足。そしてもたさられた、エイジが考えたシブースト商品化決定の報。実力の前に橘がひれ伏した?
そんな中、アンティークに1人の女性が来店した。それは小野の妹である永子だった。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第9話。

第9話「憂鬱の小味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

だって俺、いらない子供だったからっ……!!
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第9話のあらすじと感想です。……もういらない子にはなりたくないんです。

(あらすじ)
エイジが考案したいちじくのパウンドケーキ、フィグが好評。10本とも完売となる。
彼は本当のところパティシェとしての見込みがあるのか?
小野は、彼が絶対自分を超えるパティシェになると言う。
調子に乗るからその言葉は今はエイジにはヒミツ。小野は、エイジに本格的なパティシェの修行に入らせる事を小野に提案する。
フランス語を習いにいってみない?との言葉にエイジは乗り気ではない。
丸め込まれるような形で結局通う事になったのだが……。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第8話。

第8話「千影の隠味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

……だってよ、オヤジ。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第8話のあらすじと感想です。果たしてダメダメな子から解放される日は……。

(あらすじ)
仕事で相当苛立っている母親に近づく少女。
母親が焼いたケーキが食べたいと言う彼女だが、母親は締め切りに追われていてそれどころではない。
怒ってばかりの今の母親は嫌い。死ね、と言った子供を叩いた母親は、ならば出て行けとあまりにも冷たく接する母親。挙句の果てには、援交でも売りでも何でもして、稼いでみろと言い出す。
夜。閉店後の「アンティーク」で、エイジ作のケーキを試食する面々。詰めの甘い部分はあるものの、それは結構評判となる。
そこへ現れた少女。でこちゃん、と千影に呼ばれた彼女は、ちーちゃんの家に泊めてとしがみつく。
突然現れた少女と千影のやり取りに驚きを隠せない、小野とエイジ。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第7話。

第7話「聖夜の甘味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

そうだよ。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第7話のあらすじと感想です。エイジの笑顔は眩しいのです。

(あらすじ)
クリスマス。それは洋菓子店にとって一年の中で一番忙しい日。
それが迫っていると言う事で、小野は限定ケーキを作って試食をさせる。
その美味しさに感動する千影とエイジ。そしていつからそこにいたのか、ケーキについてのうんちくを垂れる芥川。
橘はクリスマスにケーキの宅配サービスをすると言う。サンタの格好をし橘が、自分のフェラーリで。
それにより当日の接客は千影だけだと橘が言えば、千影は泣いてしまう。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(1)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第6話。

第6話「危機の苦味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

彼を、君のような本当にいい職人にしてやりたいんだ。
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第6話のあらすじと感想です。木枯らしとともに、とんでもないヤツがやってまいりました。

(あらすじ)
洋菓子店「アンティーク」が開店してから、3ヶ月が過ぎた。
客足は絶好調だし、今ではちょっとした人気店になっている。
全ては順調に思われた。思われたのだが、木枯らしがとんでもない人物を呼び寄せてしまっていた。
その外国人は赤い薔薇を持って現れた。
全てはもう一度小野に愛を請うために!?彼の名はジャン・バティスト。多分フランスで一番有名な職人の1人。
そう、彼との付き合いはまるでフランス映画のようだった。と過去を思い出す小野。
そして浮上するのは、小野の引き抜き話。ジャンは今回、小野を再びパリの自分のもとで修行させようとしていた。給料は今の3倍……。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(1)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第5話。

第5話「試練の渋味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

今日のお前はよくやったんじゃん?
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第5話のあらすじと感想です。……デパ地下は、試練です。

(あらすじ)
ケーキ屋で働いているせいで、エイジの体にはスイーツの甘い香りが染み付いている。
夜な夜な漂うそれは、減量中のジムの人間にはあまりにも酷だった。
会長から話を聞いたエイジは、ジムを出る決意をする。
そんな時、「アンティーク」にお台場テレビがやって来るとはしゃぐ橘。
デパ地下ケーキフェアの取材にテレビ局がやってくるのだと言う。番組で取り上げられれば、宣伝効果は抜群。期間限定で出店すると言う橘。
取材にやって来たアナウンサー2人に対して橘は華麗なる接客を見せるが、小野の表情は冴えない。
帰った後は顔色悪く真っ青だった。
定休日には設営準備。しかし「アンティーク」は、と言うより小野が明らかに敵視されていた。
小野は業界の鼻つまみものであるから。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第4話。

第4話「悪夢の真味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

だからお前も千影に謝れ。今のお前の言い方はフェアじゃない!
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第4話のあらすじと感想です。
眠気と戦いつつ感想を書いてるので、今回はぐだぐだかも。

(あらすじ)
小野にすっかりやられてしまった千影。
車のなかで呆ける彼をじっと見つめていた橘は、これからも店の前にそうやって張り込むつもりなのか、と問う。
ならばいっそ、と橘は千影を「アンティーク」で働かせる事とする。
仕事はきっと、パシリとかパシリとかパシリでしかないけれども。
その日の夜、小野と千影は夜の街へと出かける。本当は朝まで付き合いたいけれども、橘が心配だとする千影を帰らせまいとする小野は、わざと酔った振りをしてみせる。
気がつけばホテル。気がつけばベッドの上で、まるで千影が小野を押し倒したような格好になっていた。
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(1)

アニメ「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第3話。

第3話「四人の新味」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから

アンティーク、開店!
「西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜」第3話のあらすじと感想です。……千影は、あまりにも出来ない子。

(あらすじ)
雨の中、洋菓子店「アンティーク」は開店する。果たしてそれは恵みの雨となるのか?
そんな中でも余裕を見せる橘。雨にも関わらず、店にはちょくちょく客が来て、橘は華麗に客を捌いていく。
店の前は徐行なのにそんな事知らないと言わんばかりに駆けて行く外車。
その言葉が聞こえたのか、止まりあろう事か戻ってきたその外車。上等だぜ、と喧嘩ならば買う気満々の橘だったが、そこから降りてきた人物を見て悲鳴を上げる。
あいつ、そうあいつがやって来たのだ……。
橘を若と呼び、いい大人のくせして泣くその人物。橘は一体何者なのか?
続きを読む >>
isamu / 西洋骨董洋菓子店〜アンティ−ク〜 / CM(0) / TB(0)