<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第13(最終)話。

第13話「高嶺颪の虎落笛」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

たったひとつでも、か細くつながった縁が、誰かの力になるなら。
ただの夢物語だと笑われても。
俺は、そんな夢を選びたいんだ。

最終回。なんですけど、ここで終わりますか……。
「あまつき」第13話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
妖怪達の渦の中に入っていった鴇時。
今様の事を考え、そして鴇時はこれが自分の望んだ事ならば自分の責任であると考える。
しかし、こんな救いのないものが自分の望んだ形だったのか?違う、俺の望んだものは――。
手を伸ばして鴇時が掴んだもの、それは今様。そして露草が鴇時を渦の中から救い出すが、鴇時は瘴気に当てられ気絶していた。
それは何の解決にもなっていないが、情意は伝わる行為だ。
夜行は退散。余興は終わる。舞台を再開すればいよいよ本番。それが喜劇となるか悲劇となるか――、鍵を握るのは白紙の者。
中村屋の主人は、番頭を庇う。今回の事は彼1人の咎ではなく、止められなかった自分の咎でもある。
やって来たのは山内の旦那達。そして後から現れる黒鳶。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第12話。

第12話「児手柏の両面」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

頼むから、少し黙っててくれよ。
火鼠が結構可愛いよ火鼠。
今回も素晴らしいところできれましたね、「あまつき」第12話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
蔵での爆発。しかし鴇時達に特に怪我はなかった。
目の前に現れた巨大ネズミ――子飼いの妖、火鼠。それは黒鳶の助けだった。
爆発によって、妖達は痛手を負っている。
妖達に刃を向ける朽葉だったが、黒鳶はそれを制して今様に武器を突きつけながら話を聞きだす。
聞き終えた後で殺そうとする黒鳶を制したのは鴇時だ。何も殺す事はないのではないか。
そんな鴇時に、黒鳶は玄吉の話を聞かせる。彼にもまた、事情があったのだ。
同情を誘う余地など、探せばどこにでも転がっている……。
そこへ現れた露草。黒鳶が露草と対峙し、朽葉が刃を振るう中で、鴇時は依木を引きずってきて妖に手渡す。しかし、それでも妖の怒りは収まらない。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第11話。

第11話「木の暗茂」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

――止めろ、露草!
もう皆いい味出してますね、「あまつき」第11話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
沙門を訪ねて中村屋を訪れた鴇時達。
そこで鴇時の脳裏を過ぎる映像は、平八と露草の映像だった。
そして目の前には露草が姿を現す。
穢れがつくとしてもなお、力を求める――。梵天曰く単細胞露草は、そんな今様に自分が身に着けている、梵天が書いた呪符を半分破って渡してしまう。
平八の怪我も治した露草は、もう2度と会う事もないだろうと声をかけて……。
梵天は呪符を渡した事に怒り、自分達も日本橋へ向かう事を決意する。
呪符を渡してしまえば、露草はやがて消滅する。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(1)

アニメ「あまつき」第10話。

第10話「そして、日は陰り」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

あちらとのつながりを感じた途端、急に心細くなった……。
煤竹もいいよ煤竹、「あまつき」第10話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
このまま日本橋へ向かう事を選択した鴇時。
その勘とやらに従う事にした一行の話の腰を折るのは朽葉だ。そもそも白紙の者とは何であるのか。
しかしそれについては鴇時もいまいち理解はできていないし信じてもいないのだった。
黒鳶の家――薬問屋で説明を聞く事になった鴇時達。
白紙の者、それはある意味では帝天に匹敵する力を持つ者。糸を引きちぎり、新しく紡ぎなおす事は白紙の者にしか出来ない事。朽葉は、腹を立てるものの一点においては納得できると言う。
そこへやって来た、黒鳶の妹紅鳶。彼女がもたらした情報――、玄吉殺害事件には情報屋と阿片密造の疑いがある医者が関係しているらしいと言う事。
2手に別れる事にして、黒鳶と鶴梅は外に調査へと向かった。
その頃、梵天は煤竹に話を聞いていた。露草を見たのか見なかったのか、しかし煤竹は彼を見てはいなかった。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(1)

アニメ「あまつき」第9話。

第9話「春昼」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

今更すぎるけど、俺、気がついたらとんでもない事に巻き込まれてるんじゃないか?
平八、死にかけですが一応無事ですね、「あまつき」第9話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
真朱は町に行く事が少ない。そのために酷くはしゃいでいる。
姫が同行せぬ限り、真朱を町に下ろす事をしなかった。銀朱がああなってからは、真朱は外へは出ていなかった。
彼女は銀朱の事で自分を責め続けている。姫様としか呼ばず2人きりの時も決して甘えない。
銀朱もまた、苦しめる事が分かっているために兄として接する事をしないのだ。
鳥居をくぐればそこは町。人のざわめきがある。どうやら佐々木はわざと鴇時達を獣道から通らせたようだ。
日本橋周辺にやって来た鴇時達は、そんな佐々木が作った異能集団。鶴梅曰くうさんくさい、陰陽寮の1人、黒鳶に出会う。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第8話。

第8話「薄暮花が眠る」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

さすが坊主。大人物だな。
やっぱり平八放置プレイ。今回は過去編ですよ、「あまつき」第8話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
幼い頃、朽葉は村の外れで祖父と2人で暮らしていた。村人とは言葉を交わさぬように祖父から言われていた朽葉。彼女は、祖父が死んでも1人でそこにいた。
沙門は、犬神憑きの朽葉を気味悪く思う村人から、犬神退治を依頼されていた。
朽葉の住む場所へと向かった沙門。家、と言うより廃屋の前で鞠つきをして遊ぶ少女が朽葉。
転がってきた鞠を拾い、差し出そうとする沙門だが、朽葉は怯えて中に入っていってしまう。
後を追うように中へ入った沙門に狗神が襲い掛かる。それを法力で押さえ込んだ沙門。
狗神は朽葉のためにも、自分を殺せと言う。朽葉にも狗神にももう、居場所はないから……。
朽葉が安寧に生きていくと言う狗神の願いを知った沙門は、朽葉をこの場所から連れ出し、自分が預かる事を決意する。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第7話。

第7話「暁降ち」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

だからこそ、優しくなりたいとか正しくいたいとか、努力するんじゃないでしょうか。
鴇時と紺のやり取りにひたすら萌えた、「あまつき」第7話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
何故か佐々木に待ち伏せされていた鴇時。
鴇時は彼の口から、妖を感じるために視力を捨てたのだと言う事を聞かされる。
佐々木は鴇時を胡散臭いと言う。そして、外でも引き続き鴇時達の監視を行う事を告げる。
鴇時は朽葉に声をかけられ、紺に声をかけられ、部屋で休む事にする。差し出されたお茶を見てなのか、一気に体中の力が抜けてしまった鴇時はその場に倒れこんでしまった。
眠る鴇時は幼き日の夢を見ていた。蘇芳と全力で別れを惜しむあの日。
目覚めた鴇時は、自分の足を紺の顔に思い切りめり込ませていた。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)

アニメ「あまつき」第6話。

第6話「澪標」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

今は、お前を頼るしかないんだ。頼む、梵天。
今回は男キャラにひたすら心奪われました。「あまつき」第6話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
助けを求める妖を追い、木の上から降ってきた露草は、見事に平八を自分の下敷きとした。
怪我をしてしまった平八を治療してやる露草。
付近の情報に詳しいと言う彼と出会い、露草は中村屋の事件を知る事となる。
空腹で自分を戒めるのだと言う朽葉は、腹の音を盛大に鳴らしていた。
紺に差し出された茶漬けを食べながら、朽葉は後悔する。
言わなくてもいいような事を鴇時に言ってしまった、その事を後悔する。
いいんじゃねぇの?と紺は言う。あいつはちゃんと、お前の事を好いてる……。
そして紺は、ルソーの言葉を朽葉に聞かせる。人は2度生まれる、一度は存在(あ)るために、もう一度は生きるために……。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(1)

アニメ「あまつき」第5話。

第5話「暁と目覚め」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

あんな力、俺の力のはず……。
本当1回じゃ理解できませんでした。頭がパンクしそうな、「あまつき」第5話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
眠りから目を覚ました朽葉。彼女の名は祖父がつけた忌み名だ。
花も実もつけず、朽ちていくように……と。
この血の呪いを、迷信と妄想が産んだ化け物なのだと思い込んでいたが、しかしそれは本当に化け物の血だった。
疎まれて当然だと言う朽葉に、しかし鴇時は何も言えずにただ涙を流すだけだった。
そこへ佐々木が現れ、紺とともに着替えさせられる鴇時。
佐々木や鶴梅とともに、姫巫女復活の儀式に立ち会う事になる。
神輿に乗って、姫巫女は現れたが、その体は干からびていた。かつて、蛇の妖を退治したのだが、その時にその妖が姫巫女を道連れにしようとした。
何度も脱皮を繰り返すように、毎日干からびて死んでいく呪い。決して死にはしなくとも、体を移さなければ精神が持たなかった。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(1)

アニメ「あまつき」第4話。

第4話「犬神と姫神」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

――あんたに朽葉の何が分かるってんだよ!
梵天さん、美しいですがその羽の出現の仕方はあまりにグロいってもんです、な「あまつき」第4話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
鴇時は梵天によって2つの道を示された。
彼岸に帰るために姫とあまつきの破壊者になるか。
それとも、あまつきを守るために俺を呼び あまつきの主となるか――。
心が決まり、梵天を呼べば、その時梵天は鴇時にだけ仕える存在となる。
悲鳴をあげ、目覚めた鴇時。
そこは神社の一室で、鴇時は姫巫女の身の回りを世話しているという少女、真朱と出会う。
彼女に姫巫女の元への案内をお願いするが、彼女は案内が出来ないと言った。何故なら、姫は不在。姫は毎日生まれ、毎日死ぬ……。
そんな事を聞いていると、突如矢を射られた。その矢を射った1人――巫女の鶴梅は、鴇時達を妖と呼び、神社から追い出そうと術をかける。
続きを読む >>
isamu / あまつき(終了) / CM(0) / TB(0)