<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」最終話。

最終話「君の涙を」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

眞一郎が選んだのはやはり比呂美でした。
どうなるかと思いましたけどね。
「true tears」最終話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。
飛んだ乃絵は雪のお陰で骨折程度で済んだ。しかし、それを止められなかった眞一郎。
そして純は、乃絵を止められなかった眞一郎を許せなかった。
彼は比呂美ときちんとけじめをつけ、眞一郎もまた、比呂美に言われて向き合うために行動を起こす。
絵本を持って、乃絵の下へ。
しかし彼女のために書いた絵本を、乃絵は読まないと言う。その頑なな態度に、眞一郎は絵本を捨てる事にする。地べたが飛ばない事を決めた、海へ。
紙飛行機にして飛ばしていれば、それを拾うためにやって来た乃絵。最後の一枚は見つからなかったけれど、その先は自分で考えると言う。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第12話。

第12話「何も見ていない私の瞳から…」

乃絵、落下!?
いやいやまさかそんな事ないだろうとは思いつつも、結構心配です。
慎一郎が乃絵を選ぶ気がしてならないように感じた、「true tears」第12話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
最愛の妹が自立しようとする姿を、愛おしく見守ってきた兄の眼差し。
抑制のきかない感情に洵は苦悩し続ける。
地べたに飛びなさいと、あの海岸で乃絵はそう言っていた。しかし乃絵は気づく。地べたが飛べないのではなく、飛ばない事を選んでいたと言う事に。
眞一郎も気づいた。自分が何一つ選んでいない事に。
踊りたくなかったのは、父親と比べられたくなかったから。絵本が描けないのは、自分の限界を知るのが怖かったから……。
麦端祭り当日。比呂美と乃絵の遭遇。比呂美から、自分達の事はそっとしておいてほしいと言われてしまった乃絵。そして乃絵は、実兄の純の本当の気持ちを知る事になる。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第11話。

第11話「あなたが好きなのは私じゃない」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

純、本当の気持ちに気づかされる。
何かもう、眞一郎が誰を選ぶんだか分からなくなってきましたね。
眼鏡をかけてる比呂美もいいよね、な「true tears」第11話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
祭りの準備で賑わいを見せる町。
比呂美は謹慎が解け、学校へと姿を見せるようになっていた。そして彼女は眞一郎を自分のアパートへ呼んだ後、冬の海へ行こうと誘う。
しかし、眞一郎の中でちらつく石動乃絵と言う存在。
一方で、愛子は三代吉に友達からやり直そうと切り出す。三代吉はいつか、セーターを編んでもらえるような関係になる事を夢見て。
蛍川との交流戦。しかし相手チームは比呂美に対して露骨な反則を仕掛ける。それは、彼女に純をとられたからと言う気持ちからだった。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第10話。

第10話「全部ちゃんとするから」

※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
本家記事はこちらから。

俺……ちゃんとするから。の先を言え眞一郎!
比呂美を追いかける眞一郎。転んだ眞一郎を迎えに行く比呂美。
その辺りのやり取りがもう素晴らしかったとしか思えない、
「true tears」第10話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
事態の流れに翻弄され続ける不本意な関係。
停学中の比呂美は朝から雪かきに精を出し、純はバイトをしていた。
比呂美のためにとノートを取る眞一郎。その眞一郎に、乃絵は会いたいと思うが、聞こえた足音。
振り返ればそこにいたのは三代吉だった。呪いをかけて欲しい、誰も好きにならない、誰にも心動かされない……。三代吉は、別れ話を切り出されたが、それを受け入れられずにいたのだ。
愛子には笑っていて欲しいと願う三代吉。自分はもう、乃絵に呪いをかけてもらったから大丈夫だと愛子に話す。
比呂美は純の下を訪れて恋人ごっこをもう止めようと切り出す。一度全てから離れて、自分の気持ちを整理したかったが、純は別れるのを許さない。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第9話。

第9話「なかなか飛べないね…」

※本家記事はこちらから。

だから雪の日にバイクは危険だって言ったでしょ!
うさぎさんを避けたら見事に滑って大炎上。
燃えちゃったね、とか何暢気に言ってんだと若干比呂美に苛立ちを覚えた、
「true tears」第9話のあらすじと感想です。

(あらすじ)
雪の中をバイクで走っていた純、そして比呂美はうさぎを避けようとしてバイクを滑らせ炎上させた。
そのバイクを見つめていた時、タクシーに乗って駆けつけた眞一郎と乃絵。乃絵は兄に抱きつき、そして眞一郎は比呂美をきつく抱きしめた。
そんな事あるわけがない。吹き込まれた話は嘘であった事を知った比呂美。
眞一郎と比呂美は、兄妹なんかではなかったのだ。
うわさが広がるのはあっという間だ。学校では職員会議が開かれ、比呂美は純と同じように停学処分となる。
乃絵は衝撃を受けていた。比呂美を眞一郎が抱きしめた。自分を好きだと書いてくれた……、その証を探そうとするも見つからない。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第8話。

※TB通りませんので、ミラー(ぎんいろM)より送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
第8話「雪が降っていない街」

※本家記事はこちらから。

絡み合う、いくつもの曖昧な感情。始まった奇妙な関係。
愛子に突然キスをされた眞一郎は、そんな風には見られない、忘れるから――とその場を後にしていた。
眞一郎と乃絵の心の距離が近づく。彼女に絵本の続きをせがまれ、眞一郎は絵本の続きを書いては乃絵に読んで聞かせる。
しかしその一方で比呂美は、その状態が続くことに耐えられなくなってきていた。
雪が降っていない街。純と比呂美の唯一の共通点――体育館で、ゲームを持ちかける純。
フリースローは3本勝負。1本決める毎に質問が出来る。
ハンデをつけた結果、比呂美の圧勝。純により、明らかになる乃絵の事。
そして純は、交換条件の事までも、話さなければならない事に。
乃絵と眞一郎、比呂美と純。学校で出会った2組は、しかし、比呂美の態度は乃絵に対して冷たいものだった。
家に帰れば、燃やされた写真の残骸。切り取られているその部分。
自分がここに来た事が間違いであったと、家を飛び出した比呂美は純の元へ。
バイクで――今度こそ、雪が降っていない街へ――。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第7話。

※TB通りませんので、ミラー(ぎんいろM)より送らせてもらっています。
TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。
第7話「ちゃんと言って、ここに書いて」

※本家記事はこちらから。

眞一郎は比呂美の話を容易に受け止める事が出来ないでいた。母さんが何を吹き込んだのかは知らないが、そんな事あるはずがないと、眞一郎は考えていた。元気のない眞一郎に弁当を差し出した乃絵だが、ベルトは返してと言われても弁当は受け取ってもらえない。
乃絵はその足で昼練をする比呂美のもとへと向かい、そして口論となり取っ組み合いのけんかとなる。眞一郎は飛べると言うのに――。
何があったのか、乃絵を問い詰める眞一郎。そして問う。俺が好きなのか……?
乃絵の赤くなった表情、考えて――自分は乃絵が好きなんだと考え始める。ならばあんなに振り回されたりはしない。
乃絵もまた眞一郎に指摘された事により、彼が好きな事に気づく。色々な所が熱い、その乃絵を純は優しく抱きしめる。
初雪が校庭を白く染めた日、雷轟丸の墓の前で乃絵に気持ちを伝えた眞一郎。
そして愛子の店へと向かった眞一郎は、自分が乃絵と付き合う事になった事実を告げる。
それを聞かされた愛子は、私の事も見てよ――と、彼の唇を奪った――。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第6話。

第6話「それ…なんの冗談?」

開けないで――眞一郎を止めた愛子だったが、眞一郎は三代吉の声に答えて店の扉を開けてしまう。無理に来なくてもよかったのに……、呟いた愛子は、サイズ合わせを自ら申し出た三代吉に対して、合わせるどころか甘えないでよ!と声を荒げる。
帰り道、眞一郎が悪気なく発した言葉――日曜日に何の用事があったのか……、その先の言葉で、三代吉には眞一郎と愛子が自分抜きで買い物に行った事実が突きつけられる事になってしまった。
三代吉と愛子が付き合う事になった経緯……、それは三代吉の一目惚れで、やや強引な眞一郎の説得が愛子にOKの返事を出させた。
一方で乃絵の兄、純は比呂美とデートの約束を取り付ける。
――好きなものを、好きでいられなくなるって、きついよな。その言葉は、比呂美に過去を思い出させる。雪が嫌いになったあの日の出来事を。
愛子の本当の気持ちを知った三代吉。
自分と比呂美の関係を知ってしまった眞一郎。事実にただ、呆然とするしかなかった――。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(1)

アニメ「true tears」第5話。

第5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」

乃絵の兄――石動純の唐突な申し出。
乃絵のもとを訪れた眞一郎は、乃絵は兄から何も聞かされてない事を知る。
昼食を共にする申し出。帰りを共にする申し出。どちらともを理由をつけて断った眞一郎。
弁当は友達と食べるもの――乃絵は、比呂美と昼食を共にする事にした。
返事を聞かれ、その返答に窮した眞一郎は、彼に対してとんでもない交換条件――自分が乃絵と付き合うならば純は比呂美と付き合う――を突きつけるが、彼が戸惑う事はなかった。
眞一郎は、比呂美に対して、純と会った事や彼が比呂美を可愛いと言っていた、という事を伝えるが、その反応はあまりにも冷たいものだった。
一方で、三代吉に対してセーターを編んでいる愛子。開店前の店の中、三代吉と大体肩幅が同じと言う理由で、眞一郎で肩幅の調整をしていた愛子。そこへ三代吉がやって来たのだが、愛子は扉を開けないで、と眞一郎に告げた――。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(0)

アニメ「true tears」第4話。

第4話「はい、ぱちぱちってして」

蛍川の4番で乃絵の兄――石動純。それが比呂美の意中の人であった。
意中の人を知ってしまった眞一郎と比呂美。あれ以来二人の関係はどこかぎこちないものとなってしまった。
どんよりと気分を沈ませる眞一郎をショッピングに連れ出す愛子。会話中判明した、三代吉と愛子をくっつけたのが眞一郎だという事。しかし、それは本当に余計なお世話で……。
一方で眞一郎を健気に励ます乃絵の真心は、眞一郎の間の安らぎを与える。
乃絵が語った涙の秘密。自分の涙は、祖母が天国へと持っていった。だから泣けなくなった。
涙を取り戻すには大切だと思える人の――天空に近い相手じゃないといけない。
乃絵は、眞一郎が元気になるならば比呂美と友達になってもいいと話す。一方で、その比呂美の思い人である石動純は、眞一郎に対して、乃絵と付き合ってやって欲しいと切り出していた――。
続きを読む >>
isamu / true tears(終了)。 / CM(0) / TB(1)