<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第12(最終)話。

第12(最終)話「まだ見ぬ明日の詩」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-990html)に返してくださるようお願いします

ですが、約束するのです。必ず、帰ってくると。
「ダンタリアンの書架」第12話のあらすじと感想です。
彼女を救いに。

(あらすじ)
無数の銃弾を受けても歩き続ける男がいる。
それを聞いて荒唐無稽なネタだと言ったダリアンだけども、それが載っていたのは一応高級紙だ。
これに、幻書が関係している可能性はないか?
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第11話。

第11話「ラジエルの書架」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-978html)に返してくださるようお願いします

いい読み手ね、あの若い男。
「ダンタリアンの書架」第11話のあらすじと感想です。
未完成の幻書。

(あらすじ)
1917年、ノーフォーク州、イギリス。
新人であるヒューイがてっきりケツをつつかれているのかと思いきや、つつかれているのは中尉の方だった。
ヒューイは大尉に対して、前線に出たら3ヶ月であんたのスコアを抜いてみせると言い放つ。
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第10話。

第10話「幻曲」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-966html)に返してくださるようお願いします

ダラリオが彼女をあらかじめ調整していたと考えれば、なんの不思議もないのです。
「ダンタリアンの書架」第10話のあらすじと感想です。
しかしもしも。

(あらすじ)
ヒューイのヴァイオリンの音色を聞いて、やかましいのです、そこのあんぽんたんとダリアンは皿を投げた。
しかしそれは、それなりにいいヴァイオリンのはずだ。
そこに、それを貸してと1人の女性、クリスタベルが現れた。

 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第9話。

第9話「黄昏の書」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-953html)に返してくださるようお願いします

会いに来ましたよ?太眉。
「ダンタリアンの書架」第9話のあらすじと感想です。
本の中。

(あらすじ)
砦へとたどり着いた、ヒューイとダリアン。人が住んでいたはずのその場所だが、そこはもう手遅れだった。
老婆がアイラと女の名を呼んだが、彼女はすでにその家の中にはいなかった。
彼女はサルートと言う老人の店へきていたが、その窓の向こう、ヒューイとダリアンの姿を見た。
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第8話。

第8「等価の書/連理の書」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-940html)に返してくださるようお願いします

こんな男、一度死ねばいいのです。
「ダンタリアンの書架」第8話のあらすじと感想です。
誓約。

(あらすじ)
ヒューイの屋敷になにやら客人がやってくるが、ひげをつけたその人物はカミラだった。
つけひげをカミラにつけられたダリアンが、もっとましな土産がないのか言えば、お菓子が出てくる。
終わったオークションのカタログを見ているダリアン、その中にお気に入りがあると知ったカミラは、ヒューイからペーパークリップをもらって帰っていく。
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(1)

アニメ「ダンタリアンの書架」第7話。

第7話「調香師」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-923html)に返してくださるようお願いします
 
この程度のかすり傷、幻書の能力を使うまでもないのです。
「ダンタリアンの書架」第7話のあらすじと感想です。
嘘の匂い。

(あらすじ)
一人の男の周りには、血まみれで倒れる人達がいた。
やりすぎだと言われるも、彼らの匂いが男は気に入らなかったようだ。
次の仕事は、男の大好きなそれのレシピを教えてもらいに行くことだ。
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第6話。

第6話「焚書官」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-903html)に返してくださるようお願いします

壊れた読姫。我は問う、汝は人なりや?
「ダンタリアンの書架」第6話のあらすじと感想です。
堕ちた天。

(あらすじ)
ある町に、人捜しにやってきたという2人組が現れた。
ベルトと鎖で全身の動きを制約する、白の拘束衣に身を包む少女はフラン。そして、フランと大きな杖をサイドカーに載せる男、ハル。
通報を受けた警察官のメイベルは、そんな2人に声をかけた。
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第5話。

第5話「魔術師の娘」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-890html)に返してくださるようお願いします
 
幻書がお前達を選んだのです。
「ダンタリアンの書架」第5話のあらすじと感想です。
開かれた門。

(あらすじ)
ヒューイを元上官と慕う財閥の御曹司、アルマンが幻書を譲って欲しいと駆け込んできた。
娼館のヴィオラとかいう女性に求婚をしたら、幻書を要求されたと言う。
それを聞いたダリアンとヒューイは、ヴィオラに会いに行くことにした。
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第4話。

第4話「換魂の書」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-873html)に返してくださるようお願いします

こうなっては仕方がないのです。私達が代わりに「狼たちの帝都」の続きを書くのです。
「ダンタリアンの書架」第3話のあらすじと感想です。
創作。

(あらすじ)
ダリアンが夢中で読んでいる本の作者が、最終巻を書く前に暴漢に襲われて亡くなったと言う。
彼女はイグネイシャスとダイアーの恋の行方を気にしているようだが、その2人は男同士だ。
ヒューイがこの本を取り寄せたのには理由があった。
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)

アニメ「ダンタリアンの書架」第3話。

第3話「叡智の書/月下美人」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-854html)に返してくださるようお願いします

当然の報いというものです、私のお気に入りに傷をつけたのですから。
「ダンタリアンの書架」第3話のあらすじと感想です
本ではなく。

(あらすじ)
ヒューイとダリアンは、街の書店で、ヒューイの幼馴染であるカミラと出会う。
カミラに誘われるがまま、彼女の別荘に赴いた2人は、そこで知能を上げる幻書の話を聞く。
彼女に対抗して私塾を開いたミルドレッドという女性は、生徒達が賢くなりすぎて手に負えなくなり、やがて家に引きこもってしまった。
 
続きを読む >>
isamu / ダンタリアンの書架 / CM(0) / TB(0)