<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アニメ「サムライフラメンコ」第16話。
    コンメムサ (02/08)
  • アニメ「境界の彼方」第12(最終)話。
    (‐ε‐) (12/21)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」 第23話 モジュール77奪還作戦
    MG (12/20)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第21話。
    MG (12/08)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第12話。
    MG (06/28)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第10話。
    MG (06/15)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第4話。
    オラクル (05/05)
  • アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第3話。
    MG (04/29)
  • アニメ「ビビッドレッド・オペレーション」第12(最終)話。
    MG (03/29)
  • アニメ「CODE:BREAKER」第11話。
    starfield (12/16)
RECENT TRACKBACK
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第10(22/最終)話。

第10(22/最終)話「夢幻の薄桜」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2187.html)に返してくださるようお願いします


土方さん、見えますか?みんなの掲げる、誠の旗が。
「薄桜鬼 碧血録」第10話のあらすじと感想です。
彼の瞳には。

(あらすじ)
明治2年4月、雪解けを待っていた新政府軍が遂に蝦夷に姿を現す。
乙部に上陸した敵を迎え撃つため、布陣を敷いた旧幕府軍。 二股口には土方隊がいた。
ここは無傷。しかし大鳥のいる松前口が突破されたため、退路をたたれないために撤退準備を始めることになる。

続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(1)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第9(21)話。

第9(21)話「雪割草の花咲きて」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2176.html)に返してくださるようお願いします
 
俺は、お前に救われていたんだろう。
「薄桜鬼 碧血録」第9話のあらすじと感想です。
立つことさえつらく。

(あらすじ)
明治元年十一月五日、蝦夷は松前。
松前藩は意地でも篭城戦に持ち込むつもりでいるようだ。
しかしあぶりだしようはあると、土方は指示を出した。
あぶりだしは成功して、敵を捕らえることが出来た。 この間まで自分達もあんなだったと土方は言う。
気合だけで薩長の奴らと渡り合おうなんて奴らから見たらお笑い種。
それは、立場が変わってみてようやく分かったことだった。
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第8(20)話。

第8(20)話「散ずる桜花」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2166.html)に返してくださるようお願いします
  

これで、これでやっと。終わらせることができる!
「薄桜鬼 碧血録」第8話のあらすじと感想です。
幕引き。

(あらすじ)
明治元年九月、仙台城下。
仙台には先行していた山南達、羅刹隊がいるはずだったのに報告はなく、連絡は取れない状態になっていた。
仙台入りしてまもなく、土方のところには旧幕府海軍の榎本がたずねてくる。
彼に仙台の様子を問うが、仙台藩主と話が出来ていないと言う。城に何度か訪ねて会談を申し込んではいるものの、是非の返答もない。
 
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第7(19)話。

第7(19)話「天道の刃」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2157.html)に返してくださるようお願いします
  

新選組、斉藤一!誠の旗に誓って、ここから先は一歩も通さん!!
「薄桜鬼 碧血録」第7話のあらすじと感想です。
選択。

(あらすじ)
会津は鶴ヶ城。この会津では決して後には退かないと容保は言った。
新選組も力を尽くす所存、斉藤はそう答える。
会津藩士である正木以下30名が、新選組と行動を共にすることになったが、彼等は斉藤達に不満を抱いていた。
 
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(1)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第6(18)話。

第6(18)話「輝ける暁光」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2147.html)に返してくださるようお願いします
  

近藤さんが新選組を託した土方さんなら、僕も、守らなきゃ、駄目だよね。
「薄桜鬼 碧血録」第6話のあらすじと感想です。
守るため、一人。

(あらすじ)
土方のところへ1人馬を走らせてやって来た沖田は、何故近藤さんを見殺しにしたのかと土方を責めた。
やがて千鶴がやって来て、沖田はその場を去っていく。
その後、土方は斉藤から、近藤が斬首の刑に処されたことを聞いた。
沖田は、千鶴から、近藤さんが自分達を逃がすために投降したことなどを聞くが、沖田は土方を許すことが出来なかった。
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第5(17)話。

第5(17)話「玉響の夢」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2136.html)に返してくださるようお願いします


俺が守りてぇのは将軍でも幕府でもねぇ。近藤さんとともに築こうとした新選組だ。
「薄桜鬼 碧血録」第5話のあらすじと感想です。
沈み行く船。

(あらすじ)
慶応四年四月、新選組は旧幕府軍に加わり、会津を目指していた。
捕縛されてしまった近藤、土方は手を尽くすも、願いは聞き入れられず消息不明状態になっていた。
江戸にいる原田は不知火から、新政府軍の連中は、不知火達の後釜に綱道をすえたらしいと聞く。
 
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(3)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第4(16)話。

第4(16)話「誠心は永遠に」


TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2127.html)に返してくださるようお願いします


なぁトシ。そろそろ楽にさせてくれ。
「薄桜鬼 碧血録」第4話のあらすじと感想です。
彼を見ているのは辛く。

(あらすじ)
山南をつけていた斉藤だったが彼を見失い、聞こえてきた声に反応する。
自分が斬りつけた羅刹が砂のようになってしまったのを見て、驚きは隠せない。
天霧から、羅刹の力は決して神仏から授かりものではない。力を使えば命は短くなるということを聞かされる。

続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第3(15)話。

第3(15)話「遠き面影」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2119.html)に返してくださるようお願いします


これからだって俺達は同じ空の下、どこかで一緒に戦ってるんだからな。
「薄桜鬼 碧血録」第3話のあらすじと感想です。
離れていても。

(あらすじ)
原田と不知火が見たのは、昼間動ける羅刹と雪村綱道の姿だった。
綱道はこれで雪村家再興も夢ではないと言う。
千鶴と近藤の前には南雲薫が姿を現した。そこで千鶴は自分と薫が兄妹であること、綱道が実の父親ではないことも知る。
 
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(1)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第2(14)話。

第2(14)話「蹉跌の回廊」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2108.html)に返してくださるようお願いします


だが、時代は変わった。もう刀や槍の時代ではない。
「薄桜鬼 碧血録」第2話のあらすじと感想です。
必要とされない時代。

(あらすじ)
甲州へ行く途中、日野へと立ち寄り1日交流した後、隊は近藤を残して出発した。
近藤はまだ追いついてこない。隊士同士がいい争いをしており、永倉は大将が浮ついていると、どんどん隊の箍が緩んでしまうと言った。
斉藤に今回の戦は勝てるかと問いかけられた土方は、真正面からやったら難しいだろうと答える。
続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)

アニメ「薄桜鬼 碧血録」第1(13)話。

第1(13)話「焔の如く」

TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。
TBはなるべく本家の記事(
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2100.html)に返してくださるようお願いします


だから俺は、あの人についてきたんだ。
秋の新番(私にとっての)第3弾。
「薄桜鬼 碧血録」第1話のあらすじと感想です。
えらぶったことを言わないからこそ。

(あらすじ)
慶応四年一月。江戸に戻った新選組は、品川の釜谷に身を寄せることになる。
寝食を惜しみ働く土方。疲労の色が日増しに濃くなっていた。
出かけ、帰ってきた土方に衝動が訪れるが、なんとかそれをおさつける。
自分に出来る限り役に立ちたいと言う千鶴に、土方はそんなに簡単に頭を下げないように言い、茶を入れてくれるよう頼むのだった。

続きを読む >>
isamu / 薄桜鬼 碧血録 / CM(0) / TB(0)